2021年 4月 17日 (土)

コラボ商品よりも「露店」が人気!? 廃業寸前のそうめん製麺所がアニメイベントで復活を遂げた話

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?
「そうめんとアニメのコラボを考えていましたが、『アニメの絵を載せただけじゃ、絶対売れないからな』と言われました」

   徳島の特産品・半田そうめんを作る白滝製麺(つるぎ町)の代表、森岡太悟さん(45)は会社ウォッチ編集部の取材に対し、このように語る。

   約10年前に、妻の実家の製麺所を継いだという森岡さん。赤字続きの経営状況を改善するべく奮闘していたところ、アニメ制作会社「Ufotable」(東京都杉並区)とコラボし、徳島市で年2回開催されるアニメイベント「マチ★アソビ」で販売するチャンスがあると耳にしたという。

   だが、アニメ作品とのコラボはひと筋縄ではいかなかった。期待を込めて説明会に参加するも、Ufotableの近藤光社長からつきつけられたのが、その言葉だった。

   結果的に、白滝製麺は女子高生3人組が四国八十八か所霊場巡りを楽しむメディアミックス作品「おへんろ。」とコラボ。パッケージにキャラクターのイラストが描かれたそうめんを、マチ★アソビや自社のオンラインショップで販売している。

   そうめんとアニメとのコラボ商品は売れたのか――。待っていたのは、ちょっと予想外の結末だった。

  • マチ★アソビの露店で販売したそうめん(左)と、「おへんろ。」コラボ商品(右)(画像は、「白滝製麺」のツイッターより)
    マチ★アソビの露店で販売したそうめん(左)と、「おへんろ。」コラボ商品(右)(画像は、「白滝製麺」のツイッターより)
  • マチ★アソビの露店で販売したそうめん(左)と、「おへんろ。」コラボ商品(右)(画像は、「白滝製麺」のツイッターより)

「絵を載せたら売れると思っていた」

   会社ウォッチ編集部は2021年3月17日、森岡さんを取材。まずは森岡さんが白滝製麺を継いだ時の話をうかがった。

「白滝製麺は妻の父の代から30年くらい続いていますが、廃業するかもしれないという話を聞きました。白滝製麺のそうめんはおいしいなあと思って食べいてたので、このままなくすのももったいないと思いました」

   製麺は体力勝負。先代は当時60半ばで、体力的に製麺を続けるのが厳しくなっていた。

   また、白滝製麺の商品は「お中元」のみ。時代とともにお中元を贈る人が少なくなったこと、高齢で顧客が年々減っていたのも、廃業しようとしていた理由の一つだった。

   引き継いだ時点で赤字経営。業績回復のため、森岡さんはスーパーでの試食販売や売り込みなど、やれることは何でもやったという。

   そんな中で耳にしたのが、「マチ★アソビ」で販売するコラボ商品の話だった。説明会に出席した森岡さんは、同席していたUfotableの近藤社長の様子を、こう振り返る。

「近藤さんの印象は、普段着で面倒くさそうに座っている人がいるなって感じでした。さらに『絵を載せたら売れるという話をしてるけど、それじゃ絶対売れないからな』というようなことを言われて、完全に出鼻をくじかれましたね」

   「絵を載せたら売れると思っていた」と話す森岡さん。半田そうめんと結びつけられるUfotableの作品が思い浮かばなかったということもあり、そのときはコラボに至らなかった。

   風向きが変わったのは数か月後。森岡さんが、「おへんろ。」の記事コラムが徳島新聞に掲載される話を知った後だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中