2021年 9月 24日 (金)

1人の女性の働き方が変わったら会社が変わった! 職場の「GOOD ACTIONアワード」の受賞者に聞く

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

社会に蔓延する「同調圧力」に負けずにアクション!

――女性活躍の推進で、今後注力していきたいと考えておられることを、教えてください。

朝比奈さん「活躍している女性像がテレビや雑誌などで取り上げられますが、イメージとして『社会的地位のある女性』『キラキラしている女性』があります。ところが、私のチームの女性メンバーに『なりたい女性像』を聞いてみると、キラキラや成功ではなかったりしています。『安定した生活を送りたい』『地味かもしれないけど、それなりに幸せ』という価値観なのです。男性と比べて、女性は生き方の選択肢が多いように思いますし、女性は働く理由がさまざまです。たとえば専業主婦になれば働かなくても生きていける。それは選択肢がある分、選ぶ理由も多岐にわたるということで、一人ひとりの幸せは、画一でないのです。これから、女性が活躍していくためには、キャリアだけでなく、その人なりの価値観を一段階下がって見てみて、その人なりの活躍のありかたを見つけることが大切だと考えています」

――女性が新しいアクションを起こすために必要なことは何でしょうか。

朝比奈さん「女性にかかわらず、『何のために動くのか?』のモチベーションは、『個人の利益の追求』ではないでしょうか? 私の場合は『左遷されたくない欲望』でしたね。テレワークを推進したのも、妊娠の時にどうしたら仕事ができるかと考えてのことです。その個人の利益が会社の利益とつながると成功していくと思います。モチベーションは、一人ひとり違います。その一人ひとりの願望を叶えていく。正直、会社のために頑張れないですよ。自分がどれだけやりたいかの情熱がアクションにつながっていくと思います」

――これからアクションを起こそうとする女性、頑張っている女性たちにエールをお願いします。

朝比奈さん「今も、これからも多様性の時代です。社会や人が人を見る目も固定概念に縛られてはいけないと思います。特に男性、女性といった形でくくって考えるべきではありません。女性も価値観や生活スタイルがそれぞれにありますので、それを活かしてほしいと思います。また、日本の社会は『これってこうだよね』といった同調圧力みたいなものが蔓延しています。そういうものに負けないで頑張ってほしいです」

(聞き手 牛田肇)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中