2021年 9月 27日 (月)

「第4波」感染列島なのにスポンサー主導の「聖火」に怒り 患者急増の大阪で中止に追い込まれる?(2)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

聖火は名古屋市と大阪市を無事、通過できるか?

聖火リレー中止の下駄を知事に預ける丸川珠代五輪相(公式サイトより)
聖火リレー中止の下駄を知事に預ける丸川珠代五輪相(公式サイトより)

   いずれにしろ、聖火リレーは長野県から岐阜県、そして4月5日、6日には大都市・名古屋市がある愛知県に入る。名古屋市も感染拡大地域だ。長野市で「無観客」に追い込まれるありさまでは、名古屋市ではどうなるのか。さらに4月13日には「まん延防止等重点措置」が適用されることになった感染爆発地帯の大阪府に入る。

   丸川珠代・五輪担当相は3月30日、記者団の「もし大阪府にまん延防止等重点措置が適用されたら、聖火リレーはどうするのか」との問いに、こう答えたのだった。

「大きな課題になると認識している。地域の医療を預かっているのは都道府県で、負担をかけないことと聖火リレーの実施についてご検討を賜りたいのが私たちの願い」

   と、聖火リレーを続けるか中止するかの判断を、知事たちに下駄を預けたのだった。

   朝日新聞(3月30日付)「聖火リレー『密』難題 著名人に人だかり」は、大阪府での聖火リレーが最大のヤマ場だと指摘する。

「4月13日、14日には感染拡大の大阪府で行われる。『むしろ心配は大阪だ』と話す五輪組織委幹部もおり、状況が悪化すれば、公道のリレー中止も『現実味を帯びる』という」

   大阪府までで10府県目だ。聖火リレーの全体の日程の約5分に1に過ぎない。大丈夫か? 止めるなら早いうちがよいが......。

   【追記 2021年4月1日】
※ 新型コロナウイルスの感染急拡大を受けて、大阪府の吉村洋文知事は4月1日、東京五輪の聖火リレーについて、「大阪市内では中止すべきだ」との考えを示した。大阪市の松井一郎市長も同日の記者会見で「大変残念だが、聖火リレーは見合わすべきと思う」と述べた。

(福田和郎)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中