2021年 10月 27日 (水)

就職人気「コロナ禍の影響」くっきり 22年卒の企業ランキング

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2022年卒の大学生就職企業人気ランキングで、文系総合ランキングの第1位に「東京海上日動火災」が、理系総合ランキングでは「味の素」が首位に立った。就職・転職情報のマイナビは日本経済新聞社と共同で、2022年卒業の学生を対象にした「マイナビ・日経 2022年卒大学生就職企業人気ランキング」を実施した。2021年4月9日の発表。

   とくに、文系ランキングで新型コロナウイルス感染拡大の影響がみられた。

  • 就職人気ランキング、文系はコロナが微妙に影響
    就職人気ランキング、文系はコロナが微妙に影響
  • 就職人気ランキング、文系はコロナが微妙に影響

選ばれる理由は「やりたい仕事ができそう」

   「文系総合ランキング」は、東京海上日動火災が1982年(1983年卒)以来続いているトップを維持。2位は前年16位の第一生命保険、3位に前年8位の味の素が上昇した=下表「文系総合ランキング 上位10位」参照

   新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた旅行・航空業界が軒並みランクを下げる一方、食品や出版、音楽、ゲーム、スーパーマーケットチェーンなど、いわゆる巣ごもり需要の恩恵を受けた業界の上昇が目立った。

   前年の11位以下からトップ10入りしたのは第一生命のほか、バンダイが前年22位から7位に、サントリーグループが12位から9位に、講談社が27位から10位になった。また6位のソニーミュージックグループは、前年10位からの上昇だった。

   バンダイとソニーミュージックグループを選んだ理由で最も多かったのは、「やりたい仕事ができそう」で、バンダイは25.6%、ソニーミュージックグループは28.9%だった。

   「やりたい仕事ができそう」は、文系全体でみても最多の13.4%。また、ポニーキャニオンは31.3%を占めて、上位50社でトップだった。

   11~20位で躍進が目立ったのは、13位のファーストリテイリング(前年23位)、16位のバンダイナムコエンターテインメント(前年46位)、17位ポニーキャニオン(前年30位)など。反対に、オリエンタルランドは前年5位から20位に、ソニーグループは同7位から19位に順位を下げた。

   前年1位のJTBグループは35位、同2位の全日本空輸(ANA)は64位、同4位の日本航空(JAL)は45位だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中