2023年 1月 30日 (月)

緊急事態宣言のナゾすぎる要請にあちこちで反乱! 遊園地や寄席に「無観客で開催」って? (1)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「お笑いは社会に必要」を落語協会が反旗

   こうした突然の「無観客開催」の要請に反旗を翻した気骨のある団体もあった。お客に笑いを提供する「寄席」の人々である。

   毎日新聞(4月24日)「『寄席は必要』対策して営業」が、こう伝える。

「緊急事態宣言を受け、各地の文化施設などが相次いでいるなか、東京寄席組合と落語協会、落語芸術協会は4月24日、『寄席は社会意地に必要なもの』として、都内の『鈴本演芸場』『新宿末広亭』『浅草演芸ホール』『池袋演芸場』の4つの寄席について、感染防止対策をこれまで通り続けた上で営業することを決めた」

   というのだ。

お笑いは「社会に必要」と営業を続ける寄席(写真は、新宿末広亭)
お笑いは「社会に必要」と営業を続ける寄席(写真は、新宿末広亭)

   じつは、「無観客開催」を要請する施設に対して、東京都からの要請文に「社会生活の維持に必要なものは除く」という記載があった。東京寄席組合と落語協会は、

「大衆娯楽である落語や漫才などのお笑いと、それを提供する寄席は社会生活の維持に必要なものに該当する」

   と判断したのだった。

   浪曲定席の浅草・木馬亭も、昨年(2020年)延期した50周年記念公演を5月1日から実施する予定だ。

(福田和郎)

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中