2021年 12月 6日 (月)

部下のやる気を削がず、高い業績目標を納得させる〈後編〉【第6回】(前川孝雄)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

ハラスメント予防の心構え(あり方を定める)

(1) 部下の自律的なタイムマネジメントを促し支援する

   そこで、まず上司に必要なことは部下を信じて仕事を任せつつ、業務内容と負担を的確に把握し、必要な仕事の取捨選択と調整を図ることです。ただし、上司が部下の日々の仕事を直接コントロールしようとすることは困難ですし、望ましい形でもありません。

   部下自らが仕事のタイムマネジメントと調整に取り組むことをサポートし、要所要所で支援することです。部下の自律性を促しながらも、上司が直接介入、調整すべき内容や場面では、しっかり対応する心構えが大切です。

(2) 部下自らの意志で、成長への「3割ストレッチ目標」を定める

   一方、部下の負担をすべて軽減することが、望ましい支援ではありません。部下の育成のために、敢えてやや高いレベルの仕事を任せ、達成を見守りつつ支援することは、決してハラスメントではなく、成長支援のOJTそのものです。

   そのためには、部下自身が自分の成長につながると感じられる3割程度のストレッチ(背伸び)を加えた仕事の目標を、部下自らに決意させることが大切です。

   人は内発的に動機づけられた高めの目標であれば、進んでチャレンジするものです。

前川 孝雄(まえかわ・たかお)
前川 孝雄(まえかわ・たかお)
株式会社FeelWorks代表取締役
青山学院大学兼任講師、情報経営イノベーション専門職大学客員教授

人を育て活かす「上司力」提唱の第一人者。(株)リクルートを経て、2008年に管理職・リーダー育成・研修企業㈱FeelWorks創業。「日本の上司を元気にする」をビジョンに掲げ、「上司力研修」「50代からの働き方研修」「eラーニング・上司と部下が一緒に学ぶ パワハラ予防講座」などで、400社以上を支援。2011年から青山学院大学兼任講師。2017年(株)働きがい創造研究所設立。情報経営イノベーション専門職大学客員教授、一般社団法人 企業研究会 研究協力委員、ウーマンエンパワー賛同企業 審査員なども兼職。連載や講演活動も多数。
著書は「50歳からの逆転キャリア戦略」(PHP研究所)、「『働きがいあふれる』チームのつくり方」(ベストセラーズ)、「コロナ氷河期」(扶桑社)、「50歳からの幸せな独立戦略」(PHP研究所)、「本物の『上司力』」(大和出版)など30冊以上。最新刊は「人を活かす経営の新常識」(FeelWorks、2021年9月発行)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中