2021年 12月 6日 (月)

部下のやる気を削がず、高い業績目標を納得させる〈後編〉【第6回】(前川孝雄)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

日常的な予防を図る(やり方を変える)

(1) 定期的な業務把握と支援・調整を図る

   部下自身によるタイムマネジメントの支援には、本人が仕事の計画と進捗状況を記入し管理できる週報などのフォーマットを定め、共有する方法が有効です。これを用い部下は上司に週単位等で報告・相談し、上司は仕事の進捗状況と課題を把握します。

   課題の解決方法はまず部下自身に考えさせたうえで、必要なアドバイスを行います。また、業務過重に陥る恐れがあれば、仕事全般の棚卸しを促し、緊急性と重要性の視点で取捨選択を行います。中止や延期、縮小する仕事、他者へ移譲する仕事、そして目標に向けてアクセルを踏むべき仕事を整理するのです。

(2) 参画型で目標達成と自己啓発・成長の方法を検討する

   組織やチームの目標を前提としながらも、達成方法については部下と丁寧に相談しすり合わせることが大切です。目標の考え方と重要性を共有したうえで、どうすれば達成できるか、困難な点は何か、組織や上司がバックアップできる点は何かなど、部下自身に考えさせ、意見を傾聴します。

   その際に大切なことは、その仕事を通した部下の成長への視点を持ち、行動計画に組み込むことです。押し付けのノルマではなく、自己成長のためのストレッチ目標なら、困難を乗り越えながら前向きに取り組めるのです。(前川孝雄)

※ 職場のハラスメント予防についてさらに詳しく学びたい方、また職場での研修導入を検討される方は、弊社FeelWorksが開発した「eラーニング・上司と部下が一緒に学ぶ パワハラ予防講座」をご参照ください。

前川 孝雄(まえかわ・たかお)
前川 孝雄(まえかわ・たかお)
株式会社FeelWorks代表取締役
青山学院大学兼任講師、情報経営イノベーション専門職大学客員教授

人を育て活かす「上司力」提唱の第一人者。(株)リクルートを経て、2008年に管理職・リーダー育成・研修企業㈱FeelWorks創業。「日本の上司を元気にする」をビジョンに掲げ、「上司力研修」「50代からの働き方研修」「eラーニング・上司と部下が一緒に学ぶ パワハラ予防講座」などで、400社以上を支援。2011年から青山学院大学兼任講師。2017年(株)働きがい創造研究所設立。情報経営イノベーション専門職大学客員教授、一般社団法人 企業研究会 研究協力委員、ウーマンエンパワー賛同企業 審査員なども兼職。連載や講演活動も多数。
著書は「50歳からの逆転キャリア戦略」(PHP研究所)、「『働きがいあふれる』チームのつくり方」(ベストセラーズ)、「コロナ氷河期」(扶桑社)、「50歳からの幸せな独立戦略」(PHP研究所)、「本物の『上司力』」(大和出版)など30冊以上。最新刊は「人を活かす経営の新常識」(FeelWorks、2021年9月発行)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中