2021年 6月 17日 (木)

世界は良くなっている! ストレスが減り、気分も軽くなってくる【朝礼のネタ本はこれだ!】

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   会社で朝礼があり、毎日何かを話さなければならない役職者にとって、ネタ探しは大変だろう。そんな人のために、5月は「朝礼のネタ本」を随時紹介していきたい。

   世界は良くなっているのか? 悪くなっているのか? コロナ禍で日々の暮らし向きが苦しい今こそ、冷静な判断が求められている。

   本書「FACTFULNESS(ファクトフルネス)」の副題は、「10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」。100万部を突破し、2020年上半期のベストセラー1位になった本だ。

   環境、貧困、人口、エネルギー、医療、教育などの分野について、本当の教養を教えてくれる。

「FACTFULNESS(ファクトフルネス)」(ハンス・ロスリングほか著)日経BP社
  • ストレスが減って気分が軽くなってくる!?
    ストレスが減って気分が軽くなってくる!?
  • ストレスが減って気分が軽くなってくる!?

高学歴の人でも間違うのは10の本能のせい

   クイズ形式で始まるので、朝礼でもいくつかの質問を本書から出すといいだろう。たとえば、こんな質問だ。

質問 世界の人口のうち、極度の貧困にある人の割合は、過去20年でどう変わったでしょう?
    A 約2倍になった  B あまり変わっていない  C 半分になった     

   答えはC。世界の人口のうち、極度の貧困層の割合はここ20年で半減した。正解率は平均で7%だそうだ。日本の正解率は10%、アメリカは5%。

   著者のハンス・ロスリングはスウェーデンの医師で、息子とその妻が共著者になっている。タイム誌が選ぶ世界で最も影響力の大きな100人に選ばれた。2017年に他界したが、人生最後の年は本書の執筆に捧げたという。

   このクイズは、さまざまな国の、さまざまな分野で活躍する人々に実施してきたが、高学歴で国際問題に興味がある人でさえも、ほとんどの質問に間違っていた。次のような先入観を持っているからだ、とロスリングは書いている。

「世界では戦争、暴力、自然災害、人災、腐敗が絶えず、どんどん物騒になっている。金持ちはより一層金持ちになり、貧乏人はより一層貧乏になり、貧困は増え続ける一方だ。何もしなければ天然資源ももうすぐ尽きてしまう」

   ロスリングはこうした考え方を「ドラマチックすぎる世界の見方」と呼び、間違っているとしている。その原因は脳の機能にあるという。それは以下の10の機能であり、それぞれ章を立てて解説している。

第1章 分断本能 「世界は分断されている」という思い込み
第2章 ネガティブ本能 「世界はどんどん悪くなっている」という思い込み
第3章 直線本能 「世界の人口はひたすら増え続ける」という思い込み
第4章 恐怖本能 危険でないことを、恐ろしいと考えてしまう思い込み
第5章 過大視本能 「目の前の数字がいちばん重要だ」という思い込み
第6章 パターン化本能 「ひとつの例がすべてに当てはまる」という思い込み
第7章 宿命本能 「すべてはあらかじめ決まっている」という思い込み
第8章 単純化本能 「世界はひとつの切り口で理解できる」という思い込み
第9章 犯人捜し本能 「誰かを責めれば物事は解決する」という思い込み
第10章 焦り本能 「いますぐ手を打たないと大変なことになる」という思い込み
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中