2021年 6月 14日 (月)

知事のワクチン優先接種は「上級国民」の割り込みと同じか! あなたはどう思う?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   国民一人ひとりの命のために、一刻も早く接種したい新型コロナウイルス対策のワクチン接種だが、各地で大混乱が発生。予約すら満足に取れない大渋滞が起こっている。

   そこへ割り込こもうとする「上級国民」が各地で問題になっているが、都道府県の知事はどうなのだろうか。やはり、特別扱いをせずに順番を守るべきか、コロナ対策の行政トップとして率先して接種すべきか――。

   ネット上では、国会議員の場合は「絶対に割り込みを許さない!」という怒りが煮えたぎっているが、知事の場合には「ぜひ早く接種してほしい」という要望が殺到している。

  • まだ接種していない東京都の小池百合子都知事(公式サイトより)
    まだ接種していない東京都の小池百合子都知事(公式サイトより)
  • まだ接種していない東京都の小池百合子都知事(公式サイトより)

全国47人の知事で「接種済み」はわずか3人

   全国各地で自治体の首長が高齢者よりも先にワクチン接種をしていることが判明。賛否両論が起きているなか、全国47都道府県の知事の接種状況を緊急アンケート調査したのが、週刊アエラのオンライン版「AERA dot.」(5月15日付)「ワクチン接種済みは誰? 小池、吉村氏ら47都道府県知事アンケート回答を全公開」の記事だ。

「安心して打ってもらえるよう率先して接種した」という大分県の広瀬勝貞知事(公式サイトより)
「安心して打ってもらえるよう率先して接種した」という大分県の広瀬勝貞知事(公式サイトより)

   「AERA dot.」は、茨城県城里町の42歳の町長が「自分は実質的に病院長のようなもの」として高齢者より先にワクチンを接種するなど、各地の首長が「私も医療従事者」「廃棄予定だった分を有効活用した」など次々に接種する例が発覚、住民も違和感を覚えている。一方で、危機管理のトップである首長は率先して打つべきだという意見もあり、賛否両論が起こっている。

   知事の接種状況はどうなのか――。質問は(1)ワクチンを接種したかどうか(2)接種した/していない理由(3)接種した場合はいつか、の3つだ。

   その結果、ワクチンを接種した知事は5月15日現在、わずか3人の知事しか接種していないことに驚く。和歌山県の仁坂吉伸知事(70)、福岡県の服部誠太郎知事(66)、大分県の広瀬勝貞知事(78)である。3人はそれぞれこう説明した。

仁坂・和歌山県知事「県民に接種を促している立場であり、高齢者接種が始まってすぐ率先して申し込んだ」
服部・福岡県知事「65歳以上の優先接種の対象となる県民、市民の皆様に安心して接種できることを見ていただくため、福岡市からのお声掛けにより、マスコミリリースのうえ接種を受けた」
広瀬・大分県知事「接種会場の様子を見に行くため、また、接種に不安を覚えている人もいるので、安心して打ってもらえるよう率先して打ちに行った」

   47都道府県のうち65歳以上の高齢者にあたる知事は全部で18人だが、この3人以外はまだ接種していない。

   蒲島郁夫・熊本県知事(74)は「一般の方を優先させたい意向」(知事公室)という。佐竹敬久・秋田県知事(73)の場合は、「知事は『自分は最後に打つ』と言っているようだ」(同県関係者)というから、船が沈むときには船長は最後まで残る覚悟に通じるものがあるのか。

「自分は最後に打つ」という秋田県の佐竹敬久知事(公式サイトより)
「自分は最後に打つ」という秋田県の佐竹敬久知事(公式サイトより)

   予約待ちの知事もいた。吉村美栄子・山形県知事(69)や井戸敏三・兵庫県知事(75)、荒井正吾・奈良県知事(76)らは「予約は済んでいるが接種日がきていない」状態だ。小池百合子・東京都知事(68)は「接種のタイミングは、居住自治体の案内に従う」と回答した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中