2021年 8月 3日 (火)

「日本のセキュリティは大丈夫?」ワクチン接種お粗末すぎるミス 岸防衛相が朝日と毎日に八つ当たり(1)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京23区と大阪市の住民を対象とした新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け大規模集団接種のウェブ予約が、2021年5月17日から始まった。防衛省が自衛隊を大々的に動員した菅義偉内閣の一大プロジェクトだ。

   ところが、朝日新聞出版と毎日新聞の記者が、実際の接種券に記載していない架空の数字を入力しても予約をできることを暴露。さあ、怒ったのは岸信夫防衛大臣だ。システムの欠陥を反省するどころか、「悪質な行為だ!」と両社に抗議するありさま。

   ネット上では、

「こんなにセキュリティのいい加減な人物が防衛大臣をやっていて、大丈夫かニッポン?」

   と、呆れる声が殺到している。

  • 朝日と毎日に激怒した岸信夫防衛相(防衛省の公式サイトより)
    朝日と毎日に激怒した岸信夫防衛相(防衛省の公式サイトより)
  • 朝日と毎日に激怒した岸信夫防衛相(防衛省の公式サイトより)

良い子のみなさんは朝日・毎日の真似をしないで

朝日新聞出版が入っている朝日新聞社(東京・築地)
朝日新聞出版が入っている朝日新聞社(東京・築地)

   よほど腹に据えかねたのだろう。岸信夫防衛大臣は5月18日朝、記者会見の席で、「悪質な行為であり、極めて遺憾だ。厳重に抗議する」として、朝日新聞出版(編集部注:朝日新聞の関連メディア)と毎日新聞を名指しして厳しく批判した。

   東京と大阪に5月24日に開設される新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターの予約受け付けが5月17日から始まった。防衛省のホームページからインターネットのみで申し込むシステムだが、実在しない市区町村コードや接種番号を使っても予約可能になっていることが明らかになった。

   朝日新聞出版と毎日新聞の記者が、それぞれ架空の番号を打ち込んだら予約できたとの記事を掲載したのだ。

   システムの重大な欠陥を告発したわけだが、岸信夫防衛大臣はこれに逆恨み。主要メディアの報道をまとめると、こう述べたのだった。

「今回の朝日新聞出版の記者、毎日新聞の記者の行為は、ワクチン接種を希望する65歳以上の方の接種機会を奪い、ワクチンそのものがムダになりかねない悪質な行為であり、極めて遺憾だ。防衛省としては、朝日新聞出版社および毎日新聞社に対して厳重に抗議する」

   そして、国民にこう呼びかけた。

「改めて、国民のみなさんにお願いを申し上げたい。今回のような不正な手段によってワクチン接種を予約することは、接種を本当に希望する方々の機会を喪失させる悪質な行為だから、虚偽予約をしないでいただきたい。なお、今回の問題を受け、対応可能な範囲でのシステム改修を実施する予定です」

   まるで、「良い子」のみなさんは朝日や毎日の記者のような「悪い子」の真似をしないでほしい、システムの問題点は直しますから、と呼びかけたように聞こえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中