2021年 6月 25日 (金)

尾身会長に続け?! あのバッハ会長を動揺させた日本医師組合の「ぶち切れ」五輪中止要請(井津川倫子)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   今夏の東京五輪・パラリンピックの開催をめぐる海外メディアのトーンが少しずつ変わってきました。

   先日、IOC(国際オリンピック委員会)の会見に、記者を装った男性が乱入して「五輪はいらない!」と叫ぶ映像が全世界に流れましたが、その影響もあるのでしょうか? 東京五輪をめぐる報道に「Tokyo Cancel(東京五輪キャンセル)」の文字が目立つように......。

   さらに、五輪中止を求めた日本医師団の「ぶち切れ」要請にメディアが敏感に反応し、とうとうあのIOCのバッハ会長を動かす事態となっています。

  • 日本医師組合の五輪中止の「ぶち切れ」要請にバッハ会長が動揺した!
    日本医師組合の五輪中止の「ぶち切れ」要請にバッハ会長が動揺した!
  • 日本医師組合の五輪中止の「ぶち切れ」要請にバッハ会長が動揺した!

米メディアは「バカげている!」

   2021年7月に予定されている東京五輪・パラリンピックの開幕まで2か月余り。新型コロナウイルスの感染状況は一向に収まる気配がなく、頼みの綱のワクチン接種は遅々として進んでいません。

   「こんな状況でオリンピックなんて開催できるのか!」といった国民の不安な気持ちを逆なでするように、開催に向けて頑ななスタンスを崩さないIOCや日本政府。

   ところが、五輪関係者が「強硬姿勢」を貫けば貫くほど、世論の支持を失っていくのでしょう。ここにきて、堂々と東京五輪開催に疑問を呈したり、反対したりする報道が増えてきました。

'A ridiculous idea' Japan growing anxious ahead of controversial Tokyo Olympics
(「バカげた考えだ!」物議をかもしている東京五輪を前に、日本では不安が広がっている:米USA TODAY)

   USA TODAYは記事の中で、8年前に五輪開催が決まった時は日本国中が興奮に包まれていたが、現在は「8年前の興奮が不安に取って代わられたようだ」と、日本国内に渦巻く不安の声や、大多数が中止を求めている世論調査の結果などを紹介しています。

Should the Olympics play on in a pandemic?
(パンデミックの最中にオリンピックを開催すべきか?:米デジタルメディアVOX)

   VOXは、「The realities of the pandemic are now crashing up against the Summer Olympics schedule」(パンデミックの現実が、夏の五輪スケジュールをぶち壊している)と述べて、感染者数や重傷者数が高止まりをしている日本や世界の状況を考えると、パンデミックの最中に五輪を強行することは現実的ではない、と批判しています。

   さらに、「So why risk it now?」(なぜ、今リスクを冒すのか?)と、コロナ禍での五輪開催を「リスク」だと警告する米大学教授のコメントや、「菅首相は五輪に政治生命がかかっている。だから中止しない」との分析を紹介するなど、なかなか読み応えのある記事でした。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中