2021年 6月 17日 (木)

これだけ広がった「東京五輪中止」包囲網! 「日本が滅びる」「五輪が放射能になった」の声続々(2)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?
「何が何でも東京五輪・パラリンピックはやる!」

   2021年7月23日の開幕まで残り60日余に迫った5月21日、IOC(国際オリンピック委員会)とIPC(国際パラリンピック委員会)、日本政府、東京都、大会組織委員会の5者会議が開かれ、緊急事態宣言下でもやることが改めて確認された。

   しかし、五輪中止を求める包囲網がますます激しくなっている。強硬派と中止派のバトルはいつ終わるのか――。

  • 世論の反対を無視、五輪強硬開催に突き進む菅義偉首相
    世論の反対を無視、五輪強硬開催に突き進む菅義偉首相
  • 世論の反対を無視、五輪強硬開催に突き進む菅義偉首相

埼玉県坂戸市長「五輪やったら日本は滅亡する」

   地方の市長や議員たちからも、いたたまれない思いの人々が声を上げ始めた。読売新聞(5月21日付)「五輪『もしやったら日本は滅亡するのでは』...市長が危機感」が、埼玉県のある市長の悲憤慷慨をこう伝える。

「『命を守ることが一番だと思うので、オリンピックには反対』――。埼玉県坂戸市の石川清市長は5月20日の定例記者会見で、東京五輪開催反対の考えを明らかにした。石川市長は『感染症との戦いの中でも五輪の開催は異常なものだと思う。感染者は昨年よりずっと多い。変異型も出ている。国はやる方向だと思うが、もしやったら日本は滅亡するのではないか、と思うくらいの危機感を抱いている』と語ったうえで、『政治家は嫌われても、決断するときはするべきだ』として中止を訴えた」

   朝日新聞(5月20日付)「『五輪中止、速やかに判断を』小金井市議11人が要望書」が東京都小金井市議会の有志の動きを、こう伝える。

「東京五輪・パラリンピックをめぐり、東京都小金井市議の有志11人が5月19日、開催中止を求める『緊急要請書』を菅義偉首相や小池百合子都知事らに送付した。小金井市は東京五輪で自転車競技ロードレースのコースの一部に含まれている。要請書では、大会中止を速やかに判断し、医療崩壊の回避や生活困窮者の救済に力を入れるよう求めた。市議会会派『情報公開こがねい』代表の渡辺大三氏が、ほかの10会派に呼びかけ、7会派11人での共同提出となった。渡辺氏は『開催地である都内の自治体の議員として意思表示が必要と考えた。まずは有志で要請書を送ることにした』と話した」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中