2021年 6月 17日 (木)

転職初年度の平均年収452.9万円 業種別の最高額は「コンサルティング」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2021年4月に入社した転職者の初年度年収の平均は452万9000円で、前年同月と比べて7000円(0.2%)減少した。

   就職・転職の情報サービスの株式会社マイナビが運営する転職情報サイト「マイナビ転職」の「2021年4月度 正社員の平均初年度年収推移レポート」でわかった。

   前月からは2万3000円(0.5%)増加した。

  • 業種・職種で転職後の初年度年収には差が…
    業種・職種で転職後の初年度年収には差が…
  • 業種・職種で転職後の初年度年収には差が…

経験者は510万円、未経験者420万円

   4月の初年度年収を募集条件別にみると、経験者求人では510万3000円、未経験者求人では420万6000円。経験者求人の平均初年度年収が510万円を上回ったのは、2020年7月(510万5000円)以来のこと。

   業種別に経験者・未経験者と通じた全体で、平均初年度年収をみると、「コンサルティング」が最も高く522万3000円。次いで「IT・通信・インターネット」が504万円。「不動産・建設・設備」が482万2000円で続いた。

   経験者・未経験者の別でみると、経験者では「金融・保険」(602万7000円)が最も高く、次いで「コンサルティング」(583万5000円)、「環境・エネルギー」(539万8000円)と続いた。未経験者では「コンサルティング」(583万5000円)が最高で、「不動産・建設・設備」(457万1000円)、「IT・通信・インターネット」(452万8000円)だった=下表参照

   4月の経験者の求人割合は36.0%で、前月と比べて0.1ポイント減少。しかし、前年同月比では3.4ポイント増加した。掲載求人の中で経験者求人の比率が最も多かった業種は「IT・通信・インターネット」で61.1%。次いで 「マスコミ・広告・デザイン」(41.5%)、「メーカー」(40.3%)、「不動産・建設・設備」(38.8%)、「コンサルティング」(35.5%)、「金融・保険」(34.3%)と続いた。

   掲載求人の中で経験者求人の比率が最も多かった職種は「ITエンジニア」で73.1%、次いで「ウェブ・インターネット・ゲーム」で70.4%、「電気・電子・機械・半導体」が55.2%だった。

   経験者・未経験者と通した全体で平均初年度年収が最も高かった職種は「コンサルタント・金融・不動産専門職」で554万3000円。次いで「ITエンジニア」が528万6000円、そして「建築・土木」の502万5000円と続いた。

   その内訳は、経験者では、「コンサルタント・金融・不動産専門職」(576万1000円)、「企画・経営」(559万8000円)、「ITエンジニア」(544万6000円)。また、未経験者では「コンサルタント・金融・不動産専門職」(536万4000円)、「ITエンジニア」(485万1000円)、「建築・土木」(467万3000円)となった=左表参照

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中