2021年 6月 17日 (木)

「糖質ゼロ」発売に「キリン一番搾り」リニューアル 「一番搾り」ブランドが好調のワケ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   キリン「一番搾り」ブランドの販売が好調だ。

   キリンホールディングスは2021年5月13日、一番搾り・缶商品の4月単月の販売数量が、前年同月に比べて6割増加したと発表した。

  • 発売から好調が続く「一番搾り 糖質ゼロ」
    発売から好調が続く「一番搾り 糖質ゼロ」
  • 発売から好調が続く「一番搾り 糖質ゼロ」

「一番搾り 糖質ゼロ」が躍進

   好調の要因は何なのか――。

   J-CASTは5月21日に、キリンホールディングス コーポレートコミュニケーション部の担当者を取材した。

   担当者によれば、2020年4月の一番搾り・缶商品の販売数量は、前年同月と比べて1割減少。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で業務用商品はさらに苦戦し、ブランド全体では対前年比で48%まで落ち込んだ。

   そんななか、20年10月に新商品「一番搾り 糖質ゼロ」を発売。ビールカテゴリーでは国内初の糖質ゼロを実現した。

   また、今年2月には「キリン一番搾り生ビール」を製造分からリニューアルしている。担当者に、「一番搾りブランド」の21年4月の販売数量が6割増加した要因を聞くと、

「リニューアルした『キリン一番搾り』の営業活動を4月に強化し、『一番搾り』缶の合計で対前年3割増と大幅増になりました。味覚、テレビCMともにお客様から高い評価をいただいています。
さらに『一番搾り糖質ゼロ』も引き続き好調で、対目標で5割増となり、『一番搾りブランド』で対前年6割を超えるプラスとなりました」

と話した。

   担当者によれば、20年は新型コロナウイルスの影響による「外出控え・宴会自粛」により業務用需要が大幅に減少。「節約志向」「健康志向」がより高まり、缶商品などの家庭用市場が好調に推移した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中