2021年 8月 2日 (月)

世界的な半導体不足で注目! レーザーテックを買ったワケ(明治大学 中村瑞希さん)【企業分析バトル】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   はじめまして、今回から「企業分析バトル」に参加する明治大学の中村瑞希と申します。

   投資経験は1年ほどで、コロナショックを受けた世界各国の大規模な金融緩和により株式市場が非常に好調であったなか、ちょうど投資をはじめることができたという望外の幸運に恵まれました。

   しかし、2021年の株式相場は、2月からの米国の長期金利の急激な上昇以降、昨年とは雰囲気ががらりと変わっています。端的に言えば、難しい相場になっていると感じています。

   そのため投資の判断においては、その企業自体のよしあしだけでなく、「なぜ今その銘柄なのか」ということを重視したいと考えています。

   浅学菲才の身であり、文章も稚拙ではありますが、これから頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 世界的に半導体が不足している
    世界的に半導体が不足している
  • 世界的に半導体が不足している

産業のコメ釜に蜘蛛の巣懸きて

   さて初回は、半導体関連装置製造業のレーザーテック(6920)を購入します。

   理由はいくつかあるのですが、まずなによりも目下の半導体不足の状況があります。

   「半導体不足により、生産計画を見直し/減益の見通し」というニュースは最近よく聞きますよね。 まさに「産業のコメ」を炊く甑に蜘蛛の巣が張っている状態です。

   これを受け、TSMCやサムスン電子、インテルと言った、ファウンドリ(半導体の製造工程を専門的に扱う)やIDM(半導体の設計から製造、販売までを統合的に扱う)の大手が続々と数兆円規模の生産設備への投資を発表しました。

◆ 参考リンク
(1)「Debby Wu『台湾のTSMCが11兆円投資、今後3年で -半導体の生産能力強化』(Bloomberg 2021年4月1日付)
(2)「サムスン、韓国で半導体新棟建設 2兆円超投資」(日本経済新聞 2021年5月13日付)
(3)Ian King「米インテル、半導体生産で大規模投資へ -製造装置関連株が急伸」(Bloomberg 2021年3月24日付)

   このこともあり、半導体関連銘柄で構成されるSOX指数(フィラデルフィア半導体指数)は、3月から4月にかけて堅調に推移しました。

   ただし、5月に入るころには大きく下落しており、「株価は織り込まれる」ということを考えれば、半導体不足相場はいったん終了したと言えるのではないでしょうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中