2021年 7月 26日 (月)

利益をコツコツ積み上げて一橋大がトップ 苦戦する明大、同志社大はひと休み(第3節)【FX大学対抗戦 Bグループ】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   第3節(2021年6月7日週)に入ったFX大学対抗戦。そうしたなか、早稲田大学のNAKAMURAさんは、「中長期で『負けない』トレードをするための基盤づくり」を模索。明治大学の佐藤諒さん、同志社大学のFOXさんはマイナスを計上。「チャンスを待つ」(佐藤諒さん)。

   一橋大学のボンゴレさんは、毎日コツコツと利益を積んで、プラスを確保。慶応義塾大学の2Gさんがメンバー中、一番の利益を叩き出した。

  • 泣き笑い、くっきり……
    泣き笑い、くっきり……
  • 泣き笑い、くっきり……

まずは「負けない」トレードのための基盤づくり(早稲田大学 NAKAMURA)

   FX大学対抗戦をご覧のみなさま、こんにちは。早稲田大学3年のNAKAMURAです。

   6月10日21時30分発表の米新規失業保険申請件数、消費者物価指数・(コア)付近でのエントリーを試みていましたが、下図のように「米消費者物価指数(CPI)は、前月比プラス0.6%と市場予想のプラス0.5%をわずかに上回る水準」になり、1米ドル=109.75円付近まで上昇したものの、米長期金利が低下したことに伴い反落しており、最初のエントリーは買い注文にすると決めていたうえ、何度もボリンジャーバンド+3σ(シグマ=データのばらつき具合を表す値)を超していたので、今回は控えました。

   中長期的な視点として米10年国債利回りにもしっかりと注目、分析していきたいです。

参考リンク:ソニーフィナンシャルホールディングス Daily Market Report(日次)

   消費者物価指数は5月、「2008年8月以来約13年ぶりの高さ」(「米国の物価上昇圧力続く 消費者物価、5月5%上昇」日本経済新聞 6月11日付朝刊総合面)となっており、雇用においても人手不足が見られています。

   長期金利が低下傾向にあり、日本経済新聞(同日付)は「FRB(米連邦準備制度理事会)の強い金融緩和が、米国債を持ち続けても正味の価値が目減りする状況を生み、世界のマネーをリスク投資に押し出している。」「名目の長期金利を低く抑えたまま期待インフレが一段と高まれば実質金利のマイナス幅が広がる。将来のバブルの芽を膨らませかねないほか、商品市場への一段の資金流入がインフレに拍車をかける可能性もある。」と分析しています。

   来週6月16日21時30分には住宅着工件数、建設許可件数、17日3時にはFOMC(米連邦公開市場委員会)政策金利、FRB経済・金利見通し、パウエルFRB議長の記者会見が発表され、相場が大きく動く可能性があります。

   いまだトレードができておらず、少し焦りを感じていますが、中長期では「負けない」トレードをするためにも、落ち着いて基盤を作り、テクニカル指標についてRCI(順位相関指数)かRSI(相対力指数)も試してみるべきとのアドバイスをいただきましたので、反映しつつ、落ち着いて分析・トレードを試みます。「成行+OCO(2つの注文を同時に発注。一方の注文が約定するともう一方の注文がキャンセルされる注文)」の注文で、徹底した利益確定と損切を行うつもりです。

   ◆ 児山将のワンポイントアドバイス
注目のFOMC(米連邦公開市場委員会)では、予想インフレ見通しが2%台から3%台になるという変化がありました。ただ事前の消費者物価指数は強い数値となっており、イエレン財務長官がアメリカは「力強い経済回復」が起きているというメッセージを出していたこともあり、S&P500とNYダウ平均は1%程度の下げ幅にとどまりました。そして、主要通貨に対してドルが強い動きとなり、これまでの値動きの巻き戻しが進む相場展開となっています。
投資家は、アメリカの金融緩和の縮小を認め、為替市場でも金融相場の終了を見据えた方向に本格的に舵を取ってきているのではないでしょうか。

前週からの損益   プラス・マイナスゼロ
6月11日現在           100万円

早稲田大学 NAKAMURA
早稲田大学 NAKAMURA
早稲田大学法学部3年。株式投資クラブforwardに所属。経験不足で至らない点も多々あるかと思いますが、温かい目で見ていただけると幸いです。初心者なりに試行錯誤してみますので、FXに触れたことのない方や、ぼくのようにほぼ初心者の方には親近感を持って読んでいただけると思います。よろしくお願いします!
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中