2021年 8月 4日 (水)

人民元の「上昇」を容認しはじめた中国 これは新時代の到来か!?(志摩力男)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   このところ人民元が強くなっています。

   人民元は事実上、米ドルとペッグ(固定相場制)に近い形で運用されており、それほど大きく動く通貨ではありません。それでも、4月初めの対ドルで6.5550ドル前後から、心理的に大きなサポートであった6.40ドルを割り込み、5月末6.3600ドル前後まで下落(人民元は上昇)しました。

   対円では年初16円前後のレベルから17.25円前後まで上昇しています。

  • 米国と中国はどうなる……
    米国と中国はどうなる……
  • 米国と中国はどうなる……

人民元高のきっかけは一つの論文

   この人民元上昇の、一つのきっかけとなったのは2021年5月21日、中国人民銀行上海支店調査研究部の呂進中主任が、同行が発行する雑誌「中国金融」に発表した論文です。「中国は世界でも重要なコモディティ消費国として、輸入を通じて国際市場価格の影響を受けることを避けられない」と指摘。コモディティの輸入価格上昇を打ち消すため、人民元高を容認するべきだと主張しました。

   中国人民銀行関係者が人民元高を主張することは極めて異例です。これまでは輸出競争力維持のため、人民元安を志向する傾向がありました。

   その背後には、中国の大きな経済政策の転換があります。2020年5月14日の政治局常務会議において「双循環」という新しい概念が打ち出されました。それは、これまでの対外輸出中心の経済政策から、「国内の巨大な内需の優位性も十分に発揮する」ことにより、国内、国外、双方の大循環が互いに促進しあう新発展モデルを目指すと表明されたのです。

   通貨が上昇すれば、より大きな購買力を持つことだができるため、内需刺激が容易になります。インフレ時代にはより有効な手段かもしれません。

   また、5月27日に米国通商代表部(USTR)キャサリン・タイ代表と、中国側代表である劉鶴副首相がバーチャル形式ながら、初の米中閣僚級通商協議を行いました。アラスカで3月に行われた外交トップによる初の米中会談が、激しい意見の応酬となったことから、一部では交渉不調を予想する見方もありました。ところが穏当に「今後の協議に期待する」と終わったことで、人民元の安心買いが出たのかもしれません。

志摩力男(しま・りきお)
トレーダー
慶応大学経済学部卒。ゴールドマン・サックス、ドイツ証券など大手金融機関でプロップトレーダー、その後香港でマクロヘッジファンドマネジャー。独立後も、世界各地の有力トレーダーと交流し、現役トレーダーとして活躍中。
最近はトレーディング以外にも、メルマガやセミナー、講演会などで個人投資家をサポートする活動を開始。週刊東洋経済やマネーポストなど、ビジネス・マネー関連メディアにも寄稿する。
公式サイトはこちら
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中