2021年 8月 4日 (水)

ビットコイン、レンジ相場に攻めの職業大とガマンの同志社大 イーサリアム保有の明大は静観(第6節)【暗号通貨バトル Aグループ】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   今週(2021年6月28日週)のビットコイン相場は、あまり大きな値動きがなかった。

   そうしたなか、手堅く利益を確保したのが職業能力開発総合大学校のさっちん。「私としては予想しやすくて取引しやすい状況にあります」と話す。レンジ相場で、「大きい利益にはなりませんが、確実な取引を目指していきたい」と、まずは先週の「負け」を取り戻す。

   一方、同志社大学のしがないトレーダーさんはレンジ相場のビットコインに、動かず。「方向性が確かになるまで見守りたい」と、ガマンが続く。

   イーサリアム(ETH)に投資している明治大学の城正人さんは、一時、1ITH=2300ドルまで上昇したことで、その動向を注視したが上昇トレンドが強くないと判断。そのまま保有した。

  • 明治大学が突き放す!
    明治大学が突き放す!
  • 明治大学が突き放す!

NFT関連がひそかにアツい!(明治大学 城正人さん)

◆ 今週の値動きのまとめ
   先週の記事の見立てどおり、イーサリアム(ETH)の価格推移はSQ(株式指数取引等の最終的な決済期日で決済するための清算価格・指数)を経て上昇に転じ、一たん1ETH=2300ドル近くまで上昇することもありました。しかし、そのトレンドはあまり強いものでなく2100~2200ドル台のレンジ相場で推移しています。 想定していたよりも弱い値動きを見せているとはいえ、ある程度有利なポイントで投資を始めていますから、ポジションは現状維持で継続しようと思います。

◆ 今週のニュース
   今週の注目ニュースは、仮想通貨取引所のコインチェックがPLT(パレットトークン)のIEO(Initial Exchange Offering)を開始したというニュースです。
   パレットトークンとは、Hashpallet社が展開するNFTプラットフォーム「Pallet」の独自トークンです。用途としては新たにNFTをPallet上で発行する際の手数料の支払いなどがあげられます。
   Hashpallet社はPalletを「漫画やアニメ、スポーツ、音楽のための次世代ブロックチェーン」と銘打っており、PLT(パレットトークン)はNFT関連銘柄であるといえるでしょう。
   今回のIEOでは1PLTあたり4.05円(8%の手数料が必要)で2億3000万枚の販売を予定しており、合計9億3000万円の資金調達を見込んでいるそうです。総発行枚数は10億枚とのことですから、時価総額は40億5000万円ということになります。
   他のプロジェクトと比較すると調達金額は多くないため、市場の動向に直接影響を与えることは考えづらいですが、NFT関連銘柄に資金が流れる可能性もあるため動向を注視しようと思います。

◆ NFT市場がひそかに熱い
   NFT関連銘柄として以前ThetaやENJ、SANDなどを紹介しました。せっかくの機会なので、国内取引所で購入可能なENJ(エンジン)とPLT(パレットトークン)を比較しようと思ったのですが、今回はまとめきれそうにないので次回以降にします。
   そこで、今ひそかに盛り上がっているNFT関連銘柄をご紹介します。その名もAXS(Axie Infinity)です。Axieはここ1週間で2倍をこえる急騰を見せています。最近軟調に推移している暗号通貨市場全体の値動きと比較するとかなり強気な値動きをしているといえます。

出典:coingecko
出典:coingecko
   Axie Infinityとは、2018年にリリースされたイーサリアムのブロックチェーン上で動いている分散型アプリケーション(DApps)のことです。名前が同じなので混乱してしまいますが、暗号通貨のAxie InfinityはゲームのAxie Infinityの重要な方針などを投票することができる権利、つまりガバナンストークンです。ゲーム内容としてはアクシーと呼ばれる謎の生物を育成し、バトルさせるというもので、ゲームをしながらお金を稼ぐことができるとして注目を集めています。アクティブユーザーも順調に増加の一途をたどっており、今後注目のプロダクトのひとつです。

◆ まとめ
   今週は市場全体の値動きこそ地味でありましたが、NFT関連で興味深いニュースがいくつかありました。また、周りの暗号通貨が上昇していないときは密かに注目を集めている通貨を発見するチャンスだと考えます。国内の仮想通貨取引所は頻繁に売買する手法には向きませんから、今後中長期的に上昇していくかもしれない銘柄を精査して投資したいと思います。
・取引なし
・ポジション 0.035ETH(変更なし)
・評価額(含み益)8542円+現金2755円

   ◆ 児山将のワンポイントアドバイス
コインチェックがPLTの販売は、開始からわずか6分で調達目標金額の9億3150万円を突破したそうです。国内初のIEOということで上昇する可能性はかなり高いと期待されていることが分かる結果となりました。なお手数料はおよそ7%となっていることから、コインチェックはPLTの販売で6000万円以上の収益をあげると考えられます。
国内でのIEOは年内も複数控えていることから、低迷が続く国内仮想通貨業界のカンフル剤となりそうです。Axie Infinityのゲーム、おもしろそうですね!

前週からの損益   プラス937円
7月2日現在     1万1297円

明治大学 城正人(じょう まさと)
明治大学 城正人(じょう まさと)
経営学部2年。明治大学投資サークルBreakouts!に所属。暗号資産が今後の社会に与える影響に魅力を感じ手当たりしだい勉強中。これまで暗号資産のトレード経験はほぼなくETH(イーサリアム)ガチホを続けてきました。ポテンシャル、技術の面を中心にそれぞれの通貨の特徴を見極めて投資していきたいと思います。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中