2021年 9月 20日 (月)

米国株の急上昇に株価2万8000円台に期待 ドル売りも後退へ(7月26日~30日)【株と為替 今週のねらい目】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   米国株が初の3万5000ドルに乗せる史上最高値を更新した。新型コロナウイルスの感染拡大による景気の悪化懸念が薄れたことや、米長期金利の低下に歯止めがかかっていることで、急反発した。週明けの東京株式市場も、連休中の米国株の上昇を反映して2万8000円の回復が期待される。ドル円相場も、リスク回避のドル売りは後退しつつある。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 米国株が史上最高値を更新(写真は、米ニューヨーク証券取引所)
    米国株が史上最高値を更新(写真は、米ニューヨーク証券取引所)
  • 米国株が史上最高値を更新(写真は、米ニューヨーク証券取引所)

東京株式市場 企業の決算発表がスタート

日経平均株価予想レンジ:2万7000円~2万8200円

2021年7月21日(水)終値 2万7548円00銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、引き続き、上値の重い展開か。

   前週の日経平均株価は、大幅下落となった。新型コロナウイルスのデルタ株の感染拡大により、米国で景気の先行き懸念が強まったことで、米国株が急落した影響を受けた。ただ、米国株はその後、急反発したが、日経平均株価の反発は小幅なものにとどまった。

   今週の日経平均株価は、上値の重い展開が続きそうだ。新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、東京オリンピック期間中に一段の感染拡大が懸念されていることに加え、デルタ株の感染拡大も悪材料となっている。

   ただ、東京株式市場が休場中に、米国株が上昇していることは好材料。いよいよ、企業の第2四半期(4~6月期)決算発表が始まる。徐々に取引は、個別株中心に移っていくだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中