2021年 9月 22日 (水)

同志社大が「得意技」で利益を積み上げ、明大もプラス どうした慶大!?(第9節)【FX大学対抗戦 Bグループ】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   同志社大学のFOXさんは今週(2021年7月19日週)もロンドンオープンを狙い、21日(水)に英ポンド円を買い、利益を得た。「ロンドンオープンでのレンジブレイクの勝率は100%」と自信がチラリ。夏休みにもっと試して「精度を高めていきたい」という。

   明治大学の佐藤諒さんはプラスを着実に積み上げたものの、「全体的に分析不足の取引になってしまった」という。ユーロ円を、買いポジションで保有して越週。ようやく試験が終わった慶応義塾大学の2Gさんは「集中できる環境を作りやすくなった」というものの、今週(2021年7月19日週)は損失が大きかったと、唇を噛む。

   一橋大学のボンゴレさんは様子見。しかし、5.4円まで下がったメキシコペソに「買えばよかった......」と、ちょっと悔しい。早稲田大学のNAKAMURAさんは学業に専念。取引をお休みした。

  • 同志社大学と明治大学が着実に利益を上乗せ
    同志社大学と明治大学が着実に利益を上乗せ
  • 同志社大学と明治大学が着実に利益を上乗せ

大学の試験が終わり、取引に集中できる!(慶応義塾大学 2G)

   FX大学対抗戦9週目。今週(7月19日週)でやっと大学の試験が終わり、集中できる環境を作りやすくなった。

   さて取引だが、今回は損失が大きかった。7月21日20時頃に1米ドル=110.001円で売り注文をしたが7月22日の8時に110.303円まで上昇してしまったので損切する形となった。4万5600円の損失だ。

   109.5円から上昇して110円に到達したら少しの間落ちると予想したが、外れてしまった。もう少ししっかりと分析する必要があった。結果としては110.5円まで伸びたので損切して良かったと思うが、同時に切るのが早すぎたのではないかと不安に思う気持ちもある。

   課題は多いが、今週の動きと今後の流れを整理しておきたい。

◆ 今週の動きのまとめ
   今週は、リスク警戒の動きが一服。週前半は新型コロナのデルタ株の感染拡大が市場に調整の動きを促し、リスク回避の動きが広がった。米10年債利回りは一時1.12%台まで急低下する場面があった。米ニューヨーク原油先物は一時65ドル台まで急落。ドル円は109円台割れ目前まで下落した。

   しかし、一連の米企業決算が好調だったこともあり、株安の動きは一服、米債利回りも1.31%台まで上昇。原油は72ドル近辺へと反発した。ドル円は110円台半ばへと上昇。クロス円も全般に週前半の下げを戻して上昇した。リスク動向の改善を受けてドル相場は、ややドル売りに押されている。

◆ 今後の流れ
   今後の懸念材料としてデルタ変異株による感染拡大を挙げたい。米国は先進国の中でも先行したワクチン接種の進展もあり、6月に入ってから1日当たりの感染者数が1万人を割り込む日が見られた。7日間平均でも1.1万人台になるなど、感染拡大をかなり抑えることができていた。ところが、こうした状況を受けての行動制限の緩和と、デルタ変異株による感染拡大が合わさることで、ここにきて1日当たりの感染者数が6万人を超え、7日間平均でも4.5万人超えと、7日間平均で見て先月のもっとも少ない時期の約4倍という厳しい状況がみられる。

   こうした感染の再流行は米国の景気回復にとってかなりの悪材料となるだけに、声明や議長会見でどのような対応が示されるのかも注目材料となる。議長会見などで慎重姿勢が一層強調され、市場のテーパリング(量的緩和の縮小)期待がもう一段後退するようだと、ドル売りが一気に強まる可能性もある。

◆ 児山将のワンポイントアドバイス

   英国はデルタ株の影響で株式、為替市場が変動する要因になっています。
さて、ドルといえば筆者はそうではないと感じています。週明けは、OPEC+のサプライズ増産により、一時的なリスクオフとポジションを閉じる動きにより下落しました。しかし内容的に限定的であり、メイントレンドは米国経済の回復と高いインフレ率などを背景に、2022年1月開始予定のテーパリングがどこまで前倒しになるか、に変化していると感じています。経済指標や要人発言での反応を見ると、すでに12月開始も織り込みつつあるように感じていますが、いかがでしょうか。

前週からの損益  マイナス4万5600円
7月23日現在       94万9400円

慶応義塾大学 2G
慶応義塾大学 2G
慶応義塾大学商学部2年。FXは高校生の頃に少し触ったが、損失が膨らみ休止。今回のFX大学対抗戦を機に学び直し、利益を出せるように励んでいきたい。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中