2021年 9月 23日 (木)

コロナ禍が加速させた「日本の老化」 若者をサポートし、日本を蘇らせよう!【新型コロナウイルスを知る一冊】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京オリンピックの閉幕とともに、新型コロナウイルスの感染拡大がまたクローズアップされてきた。国内の新規感染者は連日1万人を超え、軽症者や一部の中等症の人は、入院できず、自宅療養を余儀なくされている。

   あらためて新型コロナウイルスがもたらした影響や対策について、関連本とともに考えてみたい。

   コロナ後の日本の社会はどうなるのか?

   多くの人が関心を持っているテーマだろう。90万部超のベストセラーとなった「未来の年表」シリーズの著者、河合雅司さんの新刊「未来のドリル コロナが見せた日本の弱点」が、一つの答えを示している。 コロナが示した最大の爪痕は、少子高齢化とそれに伴う人口減少の悪化だというのだ。そして、今が対策の「ラストチャンス」だとも。ドリル形式で書かれた本書の問いに答えるうちに、深刻な日本の「老化」に気が付き、愕然とするかもしれない。そんなインパクトのある本だ。

「未来のドリル コロナが見せた日本の弱点」(河合雅司著)講談社
  • コロナ禍の今こそ、若者をサポートしよう!
    コロナ禍の今こそ、若者をサポートしよう!
  • コロナ禍の今こそ、若者をサポートしよう!

コロナ禍で減った婚姻、出生数

   河合雅司さんは元産経新聞記者の作家・ジャーナリスト。高知大学客員教授、産経新聞社客員論説委員などのほか、厚労省など政府の有識者会議委員を務める。「未来の年表」(講談社)シリーズなどの著書で、一貫して日本の少子高齢化問題の深刻さを指摘してきた。

   本書は河合さんからのクイズを解くドリル形式で書かれている。答えを読むと、日本社会の問題が浮き上がる仕掛けになっている。最初のクイズはこうだ。

「2021年『ベビーショック』到来! それは政府の想定より18年早く、出生数が□万人ほどになるから」
A 75 B 85 C 95

   答えはAの「75」万人だ。2020年が過去最低を更新して84万人だった。同年1~11月の婚姻件数は前年同期の12.3%減。これに比例して妊娠件数が1割下落すれば、2021年の年間出生数は75万人程度まで減る可能性があるという。速報値では1~3月の出生数は、「コロナ前」だった前年同期比9.2%の減だった。

   政府は75万人となる時期を2039年と予想していたから、18年も早い到達が現実になろうとしている。

   少子化が深刻なときにコロナ禍に襲われる「最悪の巡り合わせ」となったが、もう一つ最悪な理由があるという。2020年に女性人口の過半数が50歳以上になったことだ。多くの女性は40代で出産を終える。政府の悲観的なシナリオどおりに進めば、2065年には出生数は約41万6000人と、現在の半分以下になる恐れがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中