2021年 9月 23日 (木)

デルタ株より感染力が強いかも? 海外メディアが「東京株」と報じる「新種デルタ株」が登場!

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ついに新型コロナウイルスで、国内初の新たなデルタ株の変異が登場した。海外メディアの中には、「東京五輪の開催が『東京株』を生んだ」かのように報じるところもある。

   新種のデルタ株の危険性はまったくわかっていない。しかし、デルタ株そのものの恐ろしさはどんどんわかってきた。従来株より体内に入るウイルスの量が1000倍も多いというのだ。「東京株」の名前が世界に広がる前に抑えることはできるのか。

  • 次々と現れるウイルスの変異とどう戦うか(写真はイメージ)
    次々と現れるウイルスの変異とどう戦うか(写真はイメージ)
  • 次々と現れるウイルスの変異とどう戦うか(写真はイメージ)

研究者「デルタ株より感染力が増大する可能性はある」

   デルタ株の新たな「新種」が登場したというショックなニュースをNHK(2021年8月30日付)「新たな変異ある『デルタ株』検出 感染力への影響分からず」が、こう伝える。

「新型コロナウイルスの流行の主流となっている感染力の強い変異ウイルス、『デルタ株』について、新たな変異があるウイルスが国内で初めて検出されたと、東京医科歯科大学の武内寛明准教授らグループが発表しました。感染力などに影響があるかどうかはわかっていないということで、グループはさらに解析を進めるとしています」

   8月中旬に大学の附属病院を受診した患者からデルタ株の変異ウイルスを採取し、遺伝子を詳しく調べたところ、デルタ株にみられる「L452R」変異に加え、英国系のアルファ株に似た「N501S」変異などを持っていた。

   この変異は世界で8例しかなく、国内で確認されたのは初めてだ。患者に海外渡航歴はなく、市中感染だった。遺伝子の特徴などから国内で変異した可能性が極めて高いという。グループでは引き続き解析を進める。

   NHKなどによると、オンライン会見に応じた武内准教授は、こう語っていた。

「新たなデルタ株の感染力についてはわかっていませんが、アルファ株やデルタ株よりもさらに増大する可能性は十分に考えられます。感染が広がると国内でも次々と新たな変異株が出る可能性があるので、なんとか感染を抑える必要があります。遺伝子を解析するウイルスの監視体制もさらに拡充しないといけません」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中