2021年 9月 23日 (木)

【新連載】トヨタの「平均年収」は、なぜ7.5万円も下がったのか?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   有価証券報告書などの公開情報を読み解く「会社こたつ記事」。今回は世界最大級の自動車メーカーであるトヨタ自動車を取り上げます。

   最新の有価証券報告書(2021年3月期)によると、トヨタ自動車社員の平均年間給与額は858万3267円。前期から7.5万円あまり減っています。

   景気の変動に関係なく安定的な給与が得られる印象がありますが、意外と大きく減少することがわかります。

  • 意外と大きく変動するトヨタ自動車社員の給与
    意外と大きく変動するトヨタ自動車社員の給与
  • 意外と大きく変動するトヨタ自動車社員の給与

過去には1年で100万円減ったことも


トヨタ自動車の営業利益と平均年間給与の推移(2019年3月期以前は米国基準、2020年3月期以降は国際財務報告基準

   ここで、トヨタ自動車の過去19年分の平均年間給与額の推移を見てみましょう。

   2000年代は800万円前後を安定的に推移していましたが、2010年3月期には前期比で100万円超も減少する710万5000円まで落ち込んでいます。

   これは、2009年3月期に戦後初となる4610億円の営業赤字に転落したことによるもの。この減額の甲斐もあって、翌2010年3月期には1475億円の営業黒字回復を果たしています。

   その後、2018年3月期に前期比2.4%減となったほかは、2020年3月期の865万8711円まで右肩上がりにじわじわ上昇。それがこのたびのコロナ禍の影響で、久しぶりに前期比0.9%の微減となったというわけです。

   しかし、2021年3月期決算〔IFRS〕は、営業収益が前期比8.9%減の27兆2155億円、営業利益が同8.4%減の2兆1977億円となったものの、親会社に帰属する当期利益(最終利益)は同10.3%と増えています。

   それなのに、なぜ平均年間給与は減ってしまったのでしょうか?

こたつ経営研究会
こたつ経営研究会
有価証券報告書や決算説明書などの公開情報を分析し、会社の内情に思いをめぐらすニューノーマルな引きこもり。昼間は在宅勤務のサラリーマンをしながらデイトレード、夜はネットゲームをしたりこたつ記事を書いたりしている。好きなピアニストはグレン・グールド。嫌いな言葉は「スクープは足で稼げ」。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中