2021年 9月 19日 (日)

海外メディアが「優勢」を伝える「ワクチン皇帝」って誰!? 火ぶたを切った「ポスト菅」争いのゆくえ(井津川倫子)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「次の首相は誰だ?」――。菅義偉首相の突然の退陣表明で注目を集める自民党総裁選。新型コロナ禍の出口は見えず、国民の強い不満が渦巻くなかで、衆院選をにらみながら「選挙で勝てる顔」選びが始まっています。

   嬉々として暗躍する長老議員や、選挙を控えて右往左往している若手議員たちの姿に、当初感じた「新鮮味」は薄れる一方ですが、海外メディアはどう見ているのでしょうか?今のところ関心を集めているのは、あの「異端大臣」のようです。

  • 「ポスト菅」は誰に……
    「ポスト菅」は誰に……
  • 「ポスト菅」は誰に……

英紙は河野太郎氏を「政治的異端者」と報じる

   菅義偉総理大臣の自民党総裁選、出馬断念を受けて幕を切った自民党の「ポスト菅レース」。河野太郎行革担当相や岸田文雄前政調会長、石破茂元幹事長に加えて、高市早苗前総務相など新たな顔も加わって「混戦」の様相を呈してきました。

   レースの勝者予想が日々コロコロと変わるなか、海外メディアは各候補者をどのように報じているのでしょうか?

   今のところ、海外の注目を集めているフロントランナーは「この人」のようです。

Taro Kono, the political maverick who could be Japan's next prime minister
(政治的異端者である河野太郎氏が、日本の次期首相候補に:英紙ガーディアン)
maverick:異端者、一匹おおかみ

   記事では、河野太郎氏のことを「outspoken」(ずけずけものを言う)、「social media-savvy」(ソーシャルメディアに精通している)と紹介。「SNSで多くのフォロワーを持ち、若者の人気が高い」河野氏が、次期首相選びの先頭を走っていると報じています。

Japan's vaccine czar Taro Kono is 'most popular pick' to lead govt after Suga
(日本の「ワクチン皇帝」こと河野太郎氏が、「ポスト菅レース」で一番人気だ:インドメディア)
czar:皇帝、権力者

   菅首相の退陣意向表明を受けて共同通信社が急遽実施した「次の首相候補」に関する世論調査で、河野太郎氏がトップだったことを取り上げた報道が目立ちました。やはり「国民人気」は大きなインパクトがあるようです。

   それにしても、「ワクチン大臣」ならぬ「ワクチン皇帝」とは面白い表現です。一部メディアで報じられている河野太郎氏の「独裁ぶり」を表していて、ひねりの効いた見出しだと感心しました。単語一つで伝わるニュアンスが異なることを示す「好例」だと思います。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中