2021年 12月 3日 (金)

ワンチャンスをものにした北大、明大は負けを抑えて利益確保、首位を猛追する専修大(第16節)【FX大学対抗戦 Aグループ】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   今週(2021年9月6日週)の外国為替相場は、レンジ相場であまり動きがなかった。そうしたなか、北海道大学の上田晃史さんは「あまり時間がとれず決済したのは1回だけ」だったが、負けなかった! 指値を用いたのが奏功したようだ。

   エントリーのタイミングを計っていた慶応義塾大学のトリオネアさんは、9月10日に「売り」で入った。明治大学の佐野快斗さんは、オーストラリアドルに挑戦。「自分の予想とは違う線ができた時には、潔く切るほうがいい」と、負けを小さくしてプラスを確保した。ポンドでもコツコツと稼いだ。

   専修大学のめがねちゃんは週をまたいで保有したユーロ円を決済。「レジサポラインを少しブレイクしていて、慌てて利益を確定した」ものの、大勝。トップの明治大学を猛追する。

  • 専修大学、トップの明治大学を追う!
    専修大学、トップの明治大学を追う!
  • 専修大学、トップの明治大学を追う!

1回の取引で「勝つ」!(北海道大学 上田晃史さん)

◆振り返り(9月6日~11日)
   取引結果は表のとおりです。

   9月6日週は3万3165円の利益が出て、最終残高は108万5739円となりました!

   この週はあまり時間がとれず決済したのは1回だけです。それが3万3000円の利益が出た取引で、今週は負けていないだけよかったです。これまではずうっとチャートに張り付いて成行で注文することが多かったのですが、もっぱら指値を用いるようになり、そのおかげか精神的にも随分と余裕ができたように思えます。

   また、週をまたいでポジションを一つだけ持っています。9月11日(土)の終値ベースでマイナス2400円の含み損が出ていますが、決済していませんので今週の利益には含んでいません。依然として1位の大学との差は大きく開いていますので、なんとか利益を確保していきたいと思っています。

   今週もポンド円は大きな動きを見せませんでした。しかし、ポンド円はわずかながら買いが優勢であるように思えます。というのも、9月10日に1ポンド=152.632円と先週の高値ラインよりも一段上のところに値をつけており、今後も長期的には円安方向へと動くのではないかと予想します。

   チャートをみると、200日の長期移動平均線を抜けるかどうか? がカギになってくると思われ、ここを抜けると上値は軽いのではないかと思います。そのため、9月13日週は基本的にロングポジションを意識した立ち回りになるかと思います。

◆つぶやき
   この前、ネット上で有名な岐阜暴威さんという方がネットでトレードの様子を配信していました。重要なイベントにかけ五分五分の勝負を仕掛けたわけですが、外れてしまい一瞬で30万円以上の含み損を抱えていました。それを見ていたツイッターで有名なトレーダーの人たちがいろいろと言われていたのですが、特に印象的だったのが「トレードで勝つことではなくて、予想が当たることに快感を得ている」という内容の言葉です。

   私は思わずハッとしました。長期投資(特に株)では伸びる方向を予想すること、市場予想と実態の差を予想することが重要だと個人的には考えています。しかし短期ではそういったことはかなり無視でき、方向を予想し、たまたま当たったことを喜ぶより、「期待値を積む」ことを意識するべきであるのだなと思いました。当然こうなるだろうと予想はするのですが、それが外れる前提での立ち回り、リスク管理が短期ではより重要になってくるのかと考えました。

   来週もどうぞよろしくお願いします!

◆ 児山将のワンポイントアドバイス
他の人の取引は、客観的に見ることができるため学びが多いものです。相場の予想は、短期になればなるほどブレが多くなるため難しく、よって取引においても勝率は低くなる傾向になります。そのため、少しでも期待値が高い取引エントリーを行うことが重要となります。
また、予想が当たっても利益が出る人と出ない人がいることにも気づけたのではないでしょうか。これは、予想が外れた場合の対応策やシナリオを描いているかどうかの差が出ます。 例えば、ある経済指標では良い結果が出ると予想しています。しかし、発表された数字はかなり悪いかったため、○○円まで下落するシナリオが見えてきて売ってみるという感じです。
短期的な相場で勝率100%は有り得ないため、常にプランBや出口シナリオを用意しておくが大切です。

保有する通貨         英ポンド
前週からの損益   プラス3万3165円
9月10日現在      108万5739円

北海道大学 上田晃史(うえだ あきふみ)
北海道大学 上田晃史(うえだ あきふみ)
北海道大学農学部2年。北海道学生投資研究会に所属。趣味はHiphopに登山、読書。高校1年で株取引のゲームを学校で行い、そのおもしろさにハマる。大学に入学後、自己資金で株式投資を始めて、ちょうど1年。現在は主にバリュー株投資と決算プレーを行う。ただ、FXはデモトレードのみの初心者。
大阪府出身。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中