2021年 12月 3日 (金)

フランスの原書が並ぶ、飾らない古書を愛する店主のこだわりが詰まった空間(Vol.25 古書すからべ)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「古書すからべ」は、東京・神田神保町のすずらん通りの清田ビル2階にある。仄暗い雰囲気の階段を昇り、ドアを開けると、書棚の隙間にできた細い廊下の先に明かりが見える。

   真っ直ぐに進むと、まるで書斎のようなスペースにたどり着く。部屋を半分に区切るように置かれた大きな机、向かいの光風館ビルの美しく施された装飾が見える窓の手前にはミロのヴィーナスのレプリカ像が置かれている。

   本棚の隙間にちょこちょこ顔を覗かせる置き物たちは土産物なのだろうか。2台のベースや動物の剥製、部屋の中に置かれた気になるものばかりである。そんな「古書すからべ」は、主にフランス語の原書を扱う店だ。現在はコロナ禍の影響もあり、基本的には事務所営業としている。店主の大谷仁さんにお話をうかがった。

昆虫フンコロガシからとった「古書『すからべ』」店長の大谷仁さん
昆虫フンコロガシからとった「古書『すからべ』」店長の大谷仁さん

昆虫と古本好きの主人がつけた店名「フンコロガシ」

   幼いころは昆虫と古書が大好きな少年だったと言う。神保町近辺の中学校に通っていたこともあり、少年時代から古書は身近で、夢中になれる娯楽だった。

   昆虫好きになるきっかけも本で、『ファーブル昆虫記』を繰り返し読んだという。

「『すからべ』という店名は、昆虫のフンコロガシのフランス語名からとりました。フンコロガシのことを語らせると長くなりますよ」

とニヤリ。

   本棚の一角を占めるフンコロガシの置き物や絵を見せてくれた。大谷さんのフンコロガシ好きは有名のようで、置き物の多くが知人からプレゼントされたものらしい。

なにやら奥深そうなフンコロガシの世界
なにやら奥深そうなフンコロガシの世界
なかざわ とも
なかざわ とも
イラストレーター
2016年3月学習院大学文学部卒。セツモードセミナーを経て桑沢デザイン研究所に入学、18年3月卒業。趣味は、宝塚歌劇団、落語、深夜ラジオ、旅行。学生時代より神保町に惹かれ、現在フリーペーパー「おさんぽ神保町」の表紙や本文のイラストを手掛けている。1994年、東京都生まれ。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中