2022年 1月 23日 (日)

「さよならガラケー、長い間ありがとう!」KDDIの3Gサービス終了にネット上では惜しむ声が殺到!

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
「電話するだけなら、対にスマホより便利なのに...」
「ああ、あのボタンが大好きだった。ツルツルの液晶画面なんて...」

   ついにガラケー時代の終焉がきた。KDDI(au)が「ガラケー」と呼ばれる携帯電話で使われている3Gの通信サービスの終了を発表したのだ。

   ネット上では、

「もうお別れか。長い間、ありがとう!」

   と惜しむ声があふれている。

  • このガラケーがなくなってしまうのか!(写真はイメージ)
    このガラケーがなくなってしまうのか!(写真はイメージ)
  • このガラケーがなくなってしまうのか!(写真はイメージ)

「これからはガラホだ」という人も多い?

   KDDI(au)は2021年11月29日、主に「ガラケー」に使われている3Gの通信サービスを、来年(2022年)3月31日で終了すると、ホームページで発表した。

   発表によると、KDDIは2003年からサービスを始めたが、「3G」の通信は利用者が減少していることを理由に、今後は現在主流の「4G」や今後成長が期待される「5G」の環境整備を急ぐとしている。

   現在、3Gを利用している人に対しては、4Gや5Gに対応したスマートフォンや「ガラケー」タイプの折り畳み式の携帯電話(通称ガラホ)を合わせて6機種用意し、機種変更などの手続きを進めるよう呼びかけている。利用者は手数料無料で、同じ番号のまま4Gなどの回線を新規に契約することができる。

   来年4月1日以降は自動的に解約して通話などのサービスが利用できなくなるが、念のため自動解約後も電話番号とメールアドレスは来年6月30日まで保管するという。KDDIは早めの手続きを呼びかけている。

   3Gのサービスをめぐっては、ソフトバンクが3年後の2024年1月に、NTTドコモが5年後の2026年3月にそれぞれ終了することを決めている。

スマホ操作がよくわからない年配の女性(写真はイメージ)
スマホ操作がよくわからない年配の女性(写真はイメージ)

   これで、いよいよ「ガラケー」時代が終焉を迎えるわけだが、ネット上では惜しむ声があふれている。ヤフーニュースのヤフコメ欄では、こんな意見が相次いでいる。ITライターで、デジタル分野の編集プロダクション会社ウレルブン代表の酒井麻里子氏は、それでも「ガラケー」を使いたい人にこうアドバイスをした。

「現在3Gのガラケーを使っているユーザーで、スマホへの乗り換えはしたくないという場合、ガラケーと同様の使い勝手の『4Gケータイ』(ガラホ)が次の選択肢になります。auの場合、『グラティーナ』『かんたんケータイ』など数機種が出ていますね。
大手携帯電話会社には3Gガラケーユーザーのスマホへの乗り換えを推進したがっている雰囲気がありますが、どうしてもスマホを使いこなせる自信がない、あるいは他のスマホと併用して通話専用に使っているなどの理由でスマホの機能を必要としない場合は、無理にスマホへ乗り換えるのではなく、これらの機種を選ぶのもありでしょう」

   モバイル・IT・ガジェット系フリーライターの島徹氏は、ガラケーをこう懐かしがった。

「今もau 3Gの『Walkman Phone, Xmini』という超小型ケータイをメインの電話回線として使っています。3GはauがcdmaOneを発展させたcdma2000方式が、ドコモとJ-PHONE~VodafoneのW-CDMAより先行して展開。今のネット使い放題に繋がる最大2.4Mbps ベストエフォート1xEV-DO方式の開始後は、auのEZフラットプランだとパケ死を防げるとして人気を集めました。ケータイ好きだと、来年3月末に3G電波が停止する瞬間を見届けたい層もいるので、良い感じに停波して欲しいところです。
また、auは当時の個性的なケータイの系譜を告ぐ『G'zOne TYPE-XX』を12月に発売予定。カシオは携帯電話事業から撤退しましたが、カシオのデザイナーも参加した復刻モデルといえる製品です。当時のカシオのケータイ好きは要注目でしょう。ぜひ購入したいですね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中