2022年 5月 22日 (日)

「伝説の最強ガラケー」が復活! なぜ? イマドキ売れるの?? KDDI担当者が弾き出した「勝算」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

水割りグラスに突っ込み電話すると「おー!鳴る!」

米国防総省の過酷な規格もクリアした頑丈な「G'zOne TYPE-XX」(KDDIの公式サイトより)
米国防総省の過酷な規格もクリアした頑丈な「G'zOne TYPE-XX」(KDDIの公式サイトより)

   今回の復活には、ネット上では歓迎の意見が多い。ヤフーニュースのヤフコメ欄では、G'zOneシリーズの特に頑丈さを懐かしむ声が寄せられている。

「以前TYPE-R(タイプアール)を使っていた。自転車で段差に乗り上げたとき、胸ポケットから飛び出て走ってきた車に踏まれた。ガキッという音がしたが、ガラス面にボタンの跡の傷が少しついたのと電池ケースの爪が1か所折れただけで、まったく支障なく動作した。再登場はうれしいね」
「最終型G'zOneを長らく愛用していました。海で遊んでいて落としてしまい、約5メートルの深さまで沈みましたが、何とか回収して開いてみたらまったく何ともない! スゴイタフな携帯だと思って手放せず、iPhoneと2台持ちで使っていた時期もあります。過酷な屋外の工事現場とかでの需要は十分にあると思います」
「飲み屋で水割りのグラスの中に突っ込み、そのまま数時間放置してみんなでその携帯に電話した。『おー!鳴る、鳴る!(笑)』と遊んでいたのを思い出しました」
「バイク乗りとしては突然の雨が厄介なのです。その点、G'zOneはまったく濡れることを気にしなくていいのがありがたかったです。濡れる、落とす、転倒で叩きつけられる...。こればかりはiPhoneではダメなのです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中