2022年 1月 26日 (水)

自然科学専門の古書店を継承 自分らしい店づくりを探る3代目の穏やかな挑戦【Vol.26 大久保書店】

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   靖国通りはいつも賑やかだ。新しい店や昔からある老舗の古書店が並ぶ通りに、こじんまりと大久保書店は並ぶ。看板の文字や建物2階のコロンとした丸窓が可愛らしく、当時の街並みの香りを感じられる風情ある建物だ。

   創業から使っていた書店票をデザインしたTシャツ姿の店主、大久保直樹さんに聞いた。

本に囲まれた生活が当たり前だった

   創業は昭和22(1947)年。静岡で銀行員をしていた祖父が上京し、立ち上げたのが「大久保書店」だ。自然科学書、古生物、地質学を中心に研究者や学生など専門書を販売していた。現在はインターネットの影響や、客層の変化を鑑みて、棚の半分を直樹さん自身が選んだ書籍類が並んでいる。

   店を継いだのは7年前。家族で古書店を営む店に生まれ育ち、本に囲まれる生活が当たり前だった。しかし自分が店を継ぐことを強く意識することはなく、自由な環境だった。青年期は映画に夢中になり、その後映像制作の仕事に就く。博物館で使われる映像や広告まで、さまざまな映像作品を手がけた。

   2011年ごろ父の体調不良をきっかけに店を手伝い始める。古書の世界は未知だったが、店を守ることを考え、新しい世界に飛び込んだ。3代目として、直樹さんらしい店を少しづつ形作っている。

先代から受け継いだ自然科学専門書の品揃え
先代から受け継いだ自然科学専門書の品揃え
なかざわ とも
なかざわ とも
イラストレーター
2016年3月学習院大学文学部卒。セツモードセミナーを経て桑沢デザイン研究所に入学、18年3月卒業。趣味は、宝塚歌劇団、落語、深夜ラジオ、旅行。学生時代より神保町に惹かれ、現在フリーペーパー「おさんぽ神保町」の表紙や本文のイラストを手掛けている。1994年、東京都生まれ。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中