2022年 1月 19日 (水)

独身女性は出世を目指さないとダメなの? その問いに「気楽に働くのは間違っていない」という専門家の根拠は...(1)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「独身女性は出世を目指さないとダメなの?」 というアラフォー女性の投稿が大炎上だ。上司に「縁の下の力持ちで働きたい」というと、「管理職を目指す気がないのか!」とハッパをかけられた。

   一方、既婚女性が同じことを言うと「家庭との両立で頑張っているね」と高い評価を与える。独身だからこそ、気楽に働きたいという女性の願いは間違っているのか?

   「私も同じ」という共感と、「仕事に無責任」という批判で賛否激論。専門家に聞いた。

  • こんなバリキャリになるのはイヤだ(写真はイメージ)
    こんなバリキャリになるのはイヤだ(写真はイメージ)
  • こんなバリキャリになるのはイヤだ(写真はイメージ)

「縁の下の力持ちで働くことにやりがいを感じる」

   話題になっているのは、女性向けの意見交換サイト「ガールズちゃんねる」(12月1日付)に載った「独身女性は出世を目指さないといけないの?」というタイトルの投稿。

「独身アラフォーです。あえての独身ではなく、縁がないため独身です。今の会社は平(ひら)のままなら、まあまあ居心地はよいのですが、役職に就くと罰ゲームかと思うぐらいハードになります。
上司とキャリアビジョンの確認の際に、『今の立場でできることを頑張っていきたい。縁の下の力持ちで働くことにやりがいを感じる』と伝えると、『社歴が長いのに、そのやる気のなさは評価できない』と言われました」

というのだ。

   投稿者が不満に思ったのは、既婚女性に対しては会社側の対応がまったく違うことだった。

「社歴が同じくらいで、私と同じようなビジョンを伝えた既婚女性は、『家庭との両立で頑張っている。素晴らしい』と評価されていました。結婚しているだけで、こんなにも印象が違うことに愕然としています。独身女性で出世願望がないことはダメなことですか?」

と、悩みを訴えている。

   この投稿に対して、寄せられていたコメントには「私も独身、気楽に仕事をしたい」という共感の声が非常に多かった。

「私も同じ年代、スタンスの独身です。しつこく『管理職目指さないの?』『あと20年くらい働くにあたってステップアップするのもいいよ』と言われます。やる気もあるし、組織貢献する姿勢も示しているのに、なんで? と思いますよね。独身だからこそ、自分の生活のために、管理職になって神経すり減らして働くよりも、細く長く、心身を壊さないように働きたいのに。自分の適性や今後のことを真剣に考えて出した答えなのに。わかってもらえなくて残念ですよね」
「むしろ独身だからこそ、からだを壊したときに頼りにできる人もいないし、無理せずほどほどに仕事したいと私は思っている」
「私も出世を断っています。アラフォーなので、これから更年期とか考えたらストレスなく、なるべく定時で帰りたい。自分さえ養えればいいのであくせく働きたくない。なかなか周りには理解されないのですが」
「私も独身です。『自分ができる範囲でやる』の『できる範囲』は狭く設定している。だって、やればやるほど評価はされるけど仕事量も責任も増える。疲れて自分の時間を楽しめなくなる。仕事でからだを壊した人もいる。長く働くことを目標にしている身としては『できる範囲』は狭く設定しないと身が持たない」

   なかには「ゆるく、長く働く」というスタンスを守るために、あえて年収が低い会社に転職した人もいる。

「10年勤めて管理職候補になりかけた大手を辞めて、中規模のところに転職しました。独身で長く勤めるといろいろ任されるし、子持ちのフォローは当たり前にさせられる。独身は可哀想な目で見られるし、面倒くさくなって辞めました。年収は約半分になり、男女差別なしの大手から男社会の昭和な会社に一から新人として指示されたことだけやっています。大手からきたので何もかも簡単。お金もないけど、ゆるく働いてストレスがありません」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中