2022年 1月 28日 (金)

【企業分析バトル2021 総合結果】さすがの目のつけどころ 「テーマ」「株式銘柄」選びは時代の波に乗って!(児山将)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   Season3となる「シューカツに使える企業分析バトル カブ大学対抗戦」が幕を閉じました。2021年はサプライチェーン問題から海運や半導体銘柄の急騰が目立ちました。

   その流れに乗った投資家が、大きな利益を上げたことになります。

   また、それぞれの得意分野や好きな企業の分析を行い、終了時まで銘柄の保有を続ける流れが多く見られました。

  • 2022年の株式市場はどうなる?(写真は、東証アローズ)
    2022年の株式市場はどうなる?(写真は、東証アローズ)
  • 2022年の株式市場はどうなる?(写真は、東証アローズ)

1位は同志社大! キーワードは「脱炭素」「GoTo」「総裁選」「インフレ」

1位は同志社大学のSYさん!
1位は同志社大学のSYさん!

   では、それぞれの投資分析や銘柄選定を、1位から順に見ていきましょう。

◆ 同志社大学 SYさん キーワードは脱炭素、GoTo、総裁選

   SYさんは、「脱炭素」「GoTo」「総裁選」など、日本の政治状況に留意して取引を行っていた印象です。相場格言に「国策に売りなし」という言葉があるように、政治的な状況に合わせて株取引をすると、比較的安全だといえます。国は営利企業ではないので、国の財政にとってマイナスとなっても資金を投入してくれることが多いので、企業にとっては大きなビジネスチャンスだからです。

   現在は特に「脱炭素」が注目されています。2050年までの「カーボンニュートラル」を表明した国は、2021年4月時点でじつに125か国もあり、世界的な潮流でもあります。世界の動向が日本の国策に影響を及ぼすことも多いので、海外の情報を先取りしておくと国策銘柄に先行投資できるかもしれません。

同志社大学 SY
政策学部2年。投資サークルに所属。未成年なので、株式投資は親の口座で少しだけ。じつは体育会系の部活に所属している(本当はいけないのだが......)。趣味は野球観戦とアイドルの動画を見ること。企業分析バトルを通じて、知識向上に頑張ります!

◆ 明治大学 中村瑞希さん 米国株の知識を活かして「FRB」「インフレ」に着目

   ふだんは米国株を取引している明治大学の中村瑞希さんは、米株式市場で第一の論点となるFRB(連邦準備制度理事会)の金融政策に詳しかったという印象です。材料費・人件費の高騰に由来するインフレと、それによって引き起こる景気後退という難しい状況で、FRBはインフレ対応を取り、テーパリングから利上げへ方向転換しました。

   すでに金融相場は終了し、業績相場へ突入したマーケットでは、インフレの状況下で顧客に価格転嫁できる、より利益を残せる構造を持った会社に資金が集中しているように見えます。

明治大学 中村瑞希(なかむら みずき)
明治大学文学部2年。明治大学投資サークルBreakouts!に所属。投資経験は1年ほど。また、ふだんはもっぱら米国株をトレードしているため、日本株はほぼ初心者。これから頑張っていきたい。好きな映画は「太陽を盗んだ男」。

◆ 慶応義塾大学 八田潤一郎さん 的確なテーマ選びが奏功

   FRB(米連邦準備制度理事会)による量的緩和の終了が近いことから、業績相場入りによるバリュー株優位を見込んだのは見事でした。そのほか、「脱炭素」「地銀改革」「資本効率性」など市場のテーマを的確に追っていた様子が印象的です。

   ちなみに、銀行株に注目した「地銀改革」は、多くのページビューをとりました。

   コロナ禍で、各国で物資の供給が滞ったことや労働参加率が低下したことを受けてインフレーションが高止まりしています。貴金属や原油、半導体といったコモディティ市場においても顕著に見られたことから、白銅(7637)への投資は大成功でしたね。

八田 潤一郎 (はった じゅんいちろう)
慶應義塾大学 八田 潤一郎 (はった じゅんいちろう)
慶応義塾大学法学部政治学科2年。学生投資連合USIC代表。
小学生の時に株式投資を始め、アベノミクス相場で大きく資産を増やすも、2015、16年のチャイナショック、18、19年の米中貿易摩擦を経て、機関投資家や地合いの影響を比較的受けにくいニッチな小型銘柄の長期投資にシフト。20年のコロナショックで分散投資とリスクヘッジの重要性を認識し、FX、不動産、暗号通貨、コモディティ、デリバティブを新たに運用しながら、毎日勉強中。金融を学ぶ「おもしろさ」、投資の「楽しさ」を多くの人に知ってほしいと願う。

◆ 慶応義塾大学 もーりーさん ふだんはテクニカル分析も対抗戦仕様で挑戦

   ふだんはテクニカルを重視するも〜り〜さんは、ファンダメンタルとテクニカルの合わせ技で銘柄とタイミングを選択。ファンダメンタルとテクニカル、どっち派論争が絶えませんが、両方うまく活用できたら最高ですよね。

   一般的には、テクニカル分析中心で取引する人は短期売買になれていると思うので、中長期で取引することが難しかったことが想像できますが、そのあたりもクリアしたようで、頼もしい限りです。

慶応義塾大学 も~り~
慶應義塾大学商学部 4年。投資スタンスは、基本的にデイトレード。持ち越しは絶対にしない。市場の予期せぬ変化により、大きな損失を被る恐れがあるため。ファンダメンタルは基本的に見ない。機関投資家などのスペシャリストに勝てる見込みがゼロに等しく、優位性がないため。なので、基本的にテクニカル。資金の流れで銘柄選定しています。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中