2022年 1月 28日 (金)

プラットフォームビジネスが「一強」にならない韓国市場の事情?【馬医金満のマネー通信】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。

   現在、日本では政治的な背景から、韓国やその経済活動について悪いイメージを持っている方も多いように思います。そんな韓国では3月に大統領選が控えていることなど、2022年の経済は大きく揺れそうです。一方、面白い傾向や事例が多数あるので、ファクトベースでまとめてみようと思います。

  • 2022年の韓国経済はどうなる?(写真は、韓国・ソウル市内)
    2022年の韓国経済はどうなる?(写真は、韓国・ソウル市内)
  • 2022年の韓国経済はどうなる?(写真は、韓国・ソウル市内)

サムスン電子が一強 時価総額でトヨタ超える

   韓国の大企業というと、みなさんはどの企業を思い浮かべるでしょうか?

   現在、韓国で最も大きい企業はサムスン電子で、時価総額はおよそ467兆ウォン(約46兆円)と、第2位のSKハイニックス(95兆ウォン=約6.5兆円)に大差を付けています。

   一方、日本で最も時価総額が大きい会社はトヨタ自動車の約38兆円なので、じつは韓国のサムスン電子のほうが大きいということになります。

   ただ、韓国は10兆円を超えている企業がサムスンだけなのに対して、日本企業はトヨタ自動車以外にもソニーやキーエンス、NTT、リクルートと5社が存在しており、日本企業の全体の規模感としては勝っているといえます。

   また、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場している韓国企業を含めると、多少順位が変動します。具体的にみると、2021年3月に上場したネット通販大手で「韓国のアマゾン」といわれるクーパンは、初日の時価総額が840億ドル(約9兆7000億円)となりました。

   昨年末の時価総額は514億ドルまで下げたものの、韓国の証券取引所であれば、NAVERに次ぐ4位に相当する水準となっています。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中