2022年 5月 18日 (水)

夫の年収3500万円専業主婦...働きたい理由「自分磨き」は贅沢? 「ぐうたら生活むなしい」で大炎上! 専門家に聞いた(2)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   夫の年収が3500万円の40代の専業主婦の悩み。

――ぐうたら生活で、頭の回転が悪くなってきたので「自分磨き」のために働きたい。

   そんな投稿が大炎上している。女性には子どもはなく、結婚後は一度も働いたことがないらしい。仕事を探すにはどうしたらよいか、というのだ。

   「お金があるのだから、寄付かボランティアでもやれば」と冷ややかに突き放す意見が大半だが、「働いて自己実現したい気持ちはわかる」という共感の声も寄せられている。専門家に聞いた。

  • 仕事を通じて自分を磨きたい(写真はイメージ)
    仕事を通じて自分を磨きたい(写真はイメージ)
  • 仕事を通じて自分を磨きたい(写真はイメージ)

主婦業で鍛えられた「家オペ力」「段取り力」が使える

   <夫の年収3500万円専業主婦の働く理由「自分磨き」は贅沢? 「ぐうたら生活むなしい」で大炎上! 専門家に聞いた(1)>の続きです。

――投稿者に対して、多くが「反発」を寄せています。理由は、夫が高収入で子供もなく40代まで専業主婦を続けていること、「ぐうたら生活で頭の回転も悪くなってきた」という発言、「夫の周りの子どものいない奥様はバリキャリで働いているので、自分磨きをしたい」といった姿勢が反発を招いているようです。

川上さん「さきほど、働く動機は人それぞれだとお話ししましたが、家族を養うためであれば善だが、自分磨きであれば悪だというものでは決してありません。投稿者さんの働きたいという思いは、誰からも否定される筋合いのものではないはずです。
何不自由なく生活する投稿者さんへの感情的な反発は、同じ環境を願っても得られない人には贅沢に見えることに起因しているのかもしれません。しかし、働きたいと思う気持ちが心の底から湧き出るものである限り、自らの真の希望の声に、素直に耳を傾けて実現していけばよいと思います」
投稿者は資格の勉強が以前から好きだったという(写真はイメージ)
投稿者は資格の勉強が以前から好きだったという(写真はイメージ)

――それと、仕事はムリだと思うから「ボランティアに生きがいを見出したらいかが」という声も多かったです。こうした意見についてはどう思いますか。

川上さん「働いてみなければわからないことです。専業主婦として20年を過ごしてきた期間は、一般的にブランクと見なされますが、外で働くカンを取り戻す必要性はあるものの、仕事能力が失われているとは言えません。
むしろ、主婦業に真摯に打ち込む中で『家オペ力』(家仕事をオペレーションする能力)が鍛えられ、『段取り力』や『コミュニケーション力』など、ビジネスシーンでも応用できるソフトスキルが磨かれている可能性もあります。
投稿者さんの能力や可能性を把握もせずに、根拠なく貶める声に耳を傾ける必要はありません。
とはいえ、外に出て働くことだけに固執する必要もないと思います。ボランティアも素晴らしい活動のひとつです。ぜひ、さまざまな可能性に目を向けていただきたい。何より大切なのは、自らの意思で進むべき道を決めることなのだと思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中