2022年 5月 28日 (土)

先行する米中を追う! 国内トップレベル、東京・新宿で自動運転タクシーの本格実証実験を開始

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京都新宿区で本格的な自動運転タクシーの実証実験が2022年1月22日、始まった。今回の実証実験は何が本格的なのか――。

   今回の実証実験は大成建設、損害保険ジャパン、KDDI、日本信号などゼネコンや損保、通信会社が、自動運転システムを開発するベンチャー「ティアフォー」と組み、2月4日まで実施する。

   自動運転は「レベル4」相当で、東京・新宿のように混雑した都心でも安全に走れることを実証するのだという。

  • 自動運転タクシーが本格的な実証実験の段階に入る(写真はイメージ)
    自動運転タクシーが本格的な実証実験の段階に入る(写真はイメージ)
  • 自動運転タクシーが本格的な実証実験の段階に入る(写真はイメージ)

新宿駅西口と東京都庁を結ぶコースを走る

   今回の実証実験は、東京都が「5Gを活用した西新宿エリアの自動運転移動サービス」の実現を目指し、公募したプロジェクトに採択された。

   トヨタ自動車のタクシー用ワゴン車「ジャパンタクシー」をベースに開発した自動運転の車両が、新宿駅の西口地下ロータリーから東京都庁第二本庁舎に向かい、ここから新宿駅西口中央通りを通って新宿駅西口に戻る。走行距離は約2キロメートルとなる。

   実証実験にKDDIが入っているのは、最新の第5世代の通信規格である5Gを活用するためだ。大成建設や日本信号は「インフラ側からの走行支援技術」を導入していることから実験に参画した。

   具体的には道路や信号に設置した特殊なセンサーを用いて、西口ロータリーからの発進を支援する。さらに西口から都庁に向かうトンネル内の壁に特殊な塗料を塗ることで、識別が難しいトンネル内でクルマの位置を正確に把握できるようにする。

   これらインフラ側からの支援を新たに加えることで、自動運転の精度を高めるのだという。

   自動運転システムを開発したティアフォーは、日本国内ではトップレベルの技術を持つベンチャーで、損保ジャパンが出資している。

   ティアフォーと損保ジャパン、KDDIなどは2020年11月にも西新宿でジャパンタクシーと5Gを使った自動運転タクシーの実証実験を行っている。この時の実証実験の結果、自動運転の精度を高めるには、道路や信号のセンサーなどインフラ側からの支援が必要と判明。今回、大成建設や日本信号などが参画することになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中