2022年 5月 26日 (木)

リモートワークだけど...職場のバレンタインどうなる? 意識の変化、「実態調査」で明らかに

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2022年の職場のバレンタイン事情...渡すべきか、どうか? あるいは、期待できるか、どうなのか? キャリアや就職・転職全般の研究や調査をおこなっている「Job 総研」を運営するライボでは、社会人男女565人を対象とした「2022年 バレンタイン実態調査」で、コロナ禍で変化するバレンタイン実態や、職場の義理チョコ事情を明らかにした。2022年2月7日の発表だ。

  • どうなる?バレンタイン
    どうなる?バレンタイン
  • どうなる?バレンタイン

女性回答者の84.6%「渡さない」

   まずはズバリ、「今年職場でバレンタインを渡すか」を聞いたところ、女性回答者全体の84.6%が「渡さない」と回答し、「渡す」は15.4%だった=図表1参照。また、コロナ前後で比較したところ、コロナ前の2019年は42.6%が「渡した」だったのに対して、コロナ禍に入った2020年は「渡した」が23.1%で前年と比べてほぼ半減、さらに2021年は「渡した」が16.9%と、このところ減少傾向が続いている=図表2参照

(図表1)今年職場でバレンタインを渡しますか(ライボ Job総研作成)
(図表1)今年職場でバレンタインを渡しますか(ライボ Job総研作成)
(図表2)過去職場でバレンタインを渡しましたか?(ライボ Job総研作成)
(図表2)過去職場でバレンタインを渡しましたか?(ライボ Job総研作成)

   これに関連して、バレンタインに対する意識の変化を聞いた。その結果は、男女回答者全体の84.4%が「変わらない」、15.6%が「変わった」となった。これを見る限り、「変わった」は少数派ではあるものの、やはり新型コロナの感染拡大をきっかけにテレワークが導入され、少なからず職場でのコミュニケーションに影響を与えているようだ。こんな声があがっていた。

(女性)
・直接会うことが極端に減ったため、バレンタインをしないことが基本になった
・コロナ禍で職場のバレンタイン文化が無くなって気が楽になった
・人にあげると言うよりも自分へのご褒美という意味合いが強くなった

(男性)
・テレワーク主流になって貰える機会がなくなったので意識しなくなった
・職場のメンバーと対面で合わないので「貰えるかも」という期待感がなくなった
・仮に貰えたとしても衛生面が一層気になる時代なので市販品だと嬉しい
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中