2024年 5月 19日 (日)

「年収550万円正社員手放す」...仕事に疲れ、専業主婦になりたい女性の投稿炎上! もったいない?やめてもいい? 専門家に聞いた(2)

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!
「年収550万円の正社員を手放すのはもったいないですか?」

   3人の子を持つ40歳女性の投稿が炎上気味になっている。福利厚生のいい会社に勤めているが、「仕事にヘトヘトに疲れたからやめて専業主婦になりたい」というのだ。

   「家事を外注してでも頑張ってやめないで!」と応援する声と、「子どもとの時間も大切。やめていいよ」と共感する声とで賛否激論だ。専門家に聞くと――。

  • もうヘトヘトに疲れて辞めたいと悩む女性(写真はイメージ)
    もうヘトヘトに疲れて辞めたいと悩む女性(写真はイメージ)
  • もうヘトヘトに疲れて辞めたいと悩む女性(写真はイメージ)

「女性活躍推進叫ばれてきたが、働きやすくなっていない」

   <「年収550万円正社員手放す」...仕事に疲れ、専業主婦になりたい女性の投稿炎上! もったいない?やめてもいい? 専門家に聞いた(1)>の続きです。

――今回、正社員の女性が辞める選択に追い込まれる葛藤がテーマですが、その問題について川上さんが研究顧問をされている、働く女性の実態を調査している「しゅふJOB総研」で調べたことがありますか。

川上さん「仕事との向き合い方には、多くの女性が葛藤を抱えています。昨年(2021年)終わりごろ、女性が働きやすくなった実感があるか、主婦層を中心とする就労志向の女性に2021年を振り返っていただく調査をしました。
◇働く女性の2021

この調査結果を見ると、あれだけ女性活躍推進と言われてきたにもかかわらず、8割近い女性が『働きやすくなった実感はない』と答えています。女性が働きづらいと感じる理由はさまざまですが、主婦層の場合は仕事と家庭の両立がしづらいことが大きな要因の1つです。しかし、投稿者さんも同じなのかどうかはわかりません。
投稿内容を見る限り、投稿者さんは仕事に一所懸命打ち込み、頑張ってきた方のようです。しかし、今の状況は、その仕事を楽しめなくなっています。さらに激務であるために、気持ちにかかる負担が日増しに大きくなっているようです。また、夫は家事育児に協力的とのことですが、『協力的』という言葉が出るということは、そもそも家事育児のメインは投稿者さんなのだと思います。知らず知らずのうちに、家事育児の疲れが蓄積している可能性もありそうです。
子どもとの時間が少ないことが気になる一方で、せっかく子どもたちと過ごせる土日にはぐったりして余力がない状況は、投稿者さんが自覚している以上に、心身の疲労が溜まっているように感じます」
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中