2022年 5月 18日 (水)

野村證券4年で辞めた人気YouTuberが説く「勝ちメンタル」 ブレない生き方しよう!

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   どうやったら仕事や生き方に自信を持てるのか、悩んでいる人は多いだろう。本書「一生使える『勝ちメンタル』のつくり方」(青春出版社)は、人気YouTuberがビジネスパーソンにブレない生存戦略を説いた本である。

「一生使える『勝ちメンタル』のつくり方」(宋世羅著)青春出版社

   著者の宋世羅(そん・せら)さんは、早稲田大学野球部、野村證券を経てフルコミッション(完全歩合制)の保険営業の仕事をしながら、YouTuberとして活動している。2020年2月に「宋世羅の羅針盤ちゃんねる」を開設、チャンネル登録者は21万人を超える。

   宋さんのこれまでは、決して平たんな道ばかりだったわけではない。中学時代は不良グループにいじめられ、早稲田大学野球部では厳しい上下関係と無茶なシゴキに苦しみ、野村證券時代はノルマに追われ、声をあげて泣いたこともあったという。

   そんな宋さんが必ず立ち直り、次のステップに行くたびに強くなったのは、ビビらず、ブレずにいられる「勝ちメンタル」を培ったおかげだと、確信している。

   無名で実績もない宋さんがYouTubeを始めて、どうやって人気を集めたのか――。最初に、自分のポジション取りを考えたのだという。「営業論」「証券」「保険」「ドブ板経験」「話芸」、この5つを組み合わせれば勝てる、と思ったのだ。

  • 不遇が続いても、自信を持ち続ける極意とは
    不遇が続いても、自信を持ち続ける極意とは
  • 不遇が続いても、自信を持ち続ける極意とは

複数の合わせ技で勝負せよ!

   1つのテーマだけでは戦うのが厳しい時代。複数の合わせ技で勝負することを勧めている。それが「五角形理論」だ。こういう風に説明している。

「軸足を複数持ち、その場その場で自分のポジションを移動していく。それにより『負け』がなくなる→心に余裕が生まれる→圧倒的に生きるのがラクになる」

   「不遇が続いても、自信を持ち続ける極意」について、宋さん流の処世術を多数披露している。なるほど、と思ったいくつかを紹介しよう。

   「こんなことやって意味あんの?」「なんで俺だけこんな扱い?」という理不尽な目にあうことも多いだろう。

   宋さんも、意味不明なルールとシゴキだらけの大学野球部時代や証券マン時代、さまざまな理不尽を経験してきた。振り返って思うのは、「若いうちに理不尽なことも経験しておいたほうがいい」ということだ。なぜなら、そのほうがあとあとラクだからだという。

   過去に一回でも理不尽なことを経験しておくと、無茶苦茶なことを言われたときに、「ハイハイハイ、理不尽、コレ来たな」と余裕を持って行動できるのだ。

   というわけで、「理不尽を理不尽と判断できる」ことが大事だと説く。そして、理不尽なことであっても、それなりの対処法はあるし、「意味と目的が明確で納得できれば、全力で突っ込んでいくことができる」とも。

   頑張ることはダサいという風潮に対して、「頑張らない」という選択にはあとあと弊害がある、と書いている。頑張らないという選択肢を取ることは、組織の中で後手に回される、軽んじて扱われる可能性があるからだ。さらに、他人から評価されたい、モテたい、一目置かれたいといった欲望を放棄することになってしまう。

「頑張るにはストレスや不安、痛みと戦う必要があります。これを跳ね返す力は、自分の意思からしか生まれません」

   「本当は教えたくない『人にウケる』コツ」を書いた章では、逆説的に話が面白くない人の4つの特徴を挙げている。

1 知識差のギャップに気がついていない。相手と自分の頭の中にある知識、情景は異なる。
2 伏線の欠如。話の面白さや結論やオチにあると誤解している。
3 話し手のドヤり。「いまから言ったるぞ」感を我慢できるか。
4 擬音語が大きい。擬音語単品で面白くしてはいけない。

   評者の周囲にいる「話の面白くない人」の特徴を言い当てていて、納得した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中