2022年 5月 18日 (水)

脳科学、心理学、医学最先端研究から導き出した「自己管理法」...自分を思い通りに動かす!【尾藤克之のオススメ】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   予定通りいかないのは、あなたの意志の問題ではありません。「自分を思い通りに動かすためのちょっとしたコツ=セルフコントロール法」を知らないだけなのです。脳のクセを利用したセルフコントロールで自分を思い通りに動かすための方法を理解しましょう。

「科学的に自分を思い通りに動かす セルフコントロール大全」(堀田秀吾 著, 木島豪 著)ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 「全集中」で仕事に取り組もう!
    「全集中」で仕事に取り組もう!
  • 「全集中」で仕事に取り組もう!

始業開始時刻になってもやる気がでない理由

   朝9時の始業時刻になってもどうにも気合いが入らない――。こんな人が増えています。自宅で仕事をしているテレワーカーは、始業時間になってもエンジンがかからない人が多いことでしょう。「仕事のやる気」を出すには、どうすればいいのでしょうか。著者の堀田さんは、テレワーカーの多くは「切り替え」に悩んでいると言います。

「株式会社LASSICが全国の20歳~65歳のテレワーク・リモートワーク経験者1077名にテレワークの悪い点についてアンケートをとりました。男性の45.16%、女性の38.92%の人が『仕事とプライベートの区別ができない』という回答をして、これは男女ともに最も多い割合であることがわかりました」(堀田さん)

   多くの人が、オンとオフの切り替えが難しいと感じていることがわかります。

「自宅が狭いなどの理由で、リビングで仕事をしている人もいるかもしれません。その場合は、オンオフの切り替えについて注意が必要です。脳は、同じ刺激を受け続けると効率的に脳を働かせるために、刺激を刺激と感じないように勝手にオフモードにします」(堀田さん)
「自宅で仕事をしていると、周囲の環境がずっと同じわけですから、脳へも同じ刺激が与えられ続けます。結果、脳がオフモードになり機能停止し、仕事モードへの切り替えが難しくなるのです。一番簡単なセルフコントロール法は場所を変えることです」(同)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中