2022年 5月 22日 (日)

「新入社員初任給30%アップ!」バンダイナムコ...大英断に「ほかの企業も見習って」「今まで安すぎ」と両論話題に

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「3%の賃上げ」の攻防戦が続くさなか、なんと大学卒初任給を「約30%アップ」という景気のいい話を打ち出した企業があらわれた。「機動戦士ガンダム」シリーズやプラモデル「ガンプラ」などでおなじみの、玩具大手バンダイナムコ(バンナム)グループだ。

   大学卒新入社員の初任給を2022年4月に5万8000円~6万6000円引き上げて29万円にする。また、社員の基本給も月平均5万円アップするという。インターネット上では「ほかの企業も見習ってくれ!」という称賛と「もともと安いのでは」という声が交錯しているが......。

  • 初任給が大幅に上がって、やる気もアップ!(写真はイメージ)
    初任給が大幅に上がって、やる気もアップ!(写真はイメージ)
  • 初任給が大幅に上がって、やる気もアップ!(写真はイメージ)

基本給も全社員月平均5万円引き上げる

   報道やバンダイナムコエンターテインメントのプレスリリースによると、バンナムグループは2022年2月28日、今年4月から社員の収入安定による働きやすさ向上を目的に、年収における基本給の比率を高め、基本給を全社員月平均5万円引き上げる新報酬制度を導入する、と発表した。

   また、バンダイナムコエンターテインメントは23万2000円から29万円に引き上げる。これは25%アップに相当する。一方、グループ会社のバンダイとバンダイスピリッツもプレスリリースによると、大学卒初任給を従来の22万4000円から29万円に引き上げる。これは29%アップに相当する。グループ内の主な企業の初任給を29万円に統一するわけだ。

   この大幅な賃上げの理由について、バンダイナムコエンターテインメントのプレスリリースをみると、次のように説明されている。

「当社は、2022年4月からの新中期ビジョンとして『Connect with Fans』を掲げており、IP(キャラクター等の知的財産)を軸に世界中のファンのみなさまとつながることを目指した新しい仕組みの構築に着手いたします。このビジョンの実現にあたっては、さまざまな分野における多様な人材の活躍推進が必要不可欠であり、このたびの改定に至りました」
バンダイナムコグループの採用サイト(持株会社のバンダイナムコホールディングスの公式サイトより)
バンダイナムコグループの採用サイト(持株会社のバンダイナムコホールディングスの公式サイトより)

   バンナムグループは今年2月8日の決算発表の場で、IPメタバースの開発に合計400億円を投資し、データ基盤の構築やコンテンツの開発、新規IPの創出などを目指すと明らかにした。そのための人材確保が狙いのようだ。

   「IPメタバース」とは、仮想空間の中で「機動戦士ガンダム」や「アイドルマスター」など同グループのIP(知的財産)キャラクターごとに世界をつくり、幅広いエンターテインメントが楽しめるというもの。デジタル世界の中でそれぞれのキャラクターのファン同士が商品を売り買いしたり、交流したりできるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中