2024年 4月 13日 (土)

広がる金利差 インフレ抑制に動く欧米、金融緩和維持の日銀(6月20日~24日)【株と為替 今週のねらい目】

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本銀行は2022年6月17日の金融政策決定会合で、現行の大規模な金融緩和政策を維持すると決めた。一方、その前日には日銀と同様にマイナス金利政策を実施していたスイス国立銀行(中央銀行)が15年ぶりの利上げを決定するなど、世界的なインフレ抑制のため、欧米の中央銀行が相次いで金融引き締めに動いているなか、日銀の金融緩和政策が突出している。

   円安傾向は続き、景気後退への懸念は高まっている。どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 現行の金融緩和政策を継続(写真は、日銀本店)
    現行の金融緩和政策を継続(写真は、日銀本店)
  • 現行の金融緩和政策を継続(写真は、日銀本店)

東京株式市場 世界的な金融引き締めによる景気後退に懸念

日経平均株価予想レンジ:2万5600円~2万6500円

2022年6月17日(金) 終値 2万5963円

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、戻りの鈍い展開か。

   前週の東京株式市場の日経平均株価は、5週間ぶりに反落した。米国の利上げ幅が0.75%に拡大したことに加え、スイスが予想外の利上げを実施したことで、世界的な金融引き締めによる景気減速懸念が台頭、米国株が連日下落したことを受け、日経平均株価も前週末比1861円安と今年最大の下げとなった。

   今週の日経平均株価は、戻りの鈍い展開となりそうだ。米国の利上げ、スイスの予想外の利上げという大きなイベントを通過したことで、相場を大きく下げる材料はないものの、世界的な金融引き締めによる景気後退への警戒感がくすぶり続けており、日経平均株価の上値は重い展開となりそうだ。

   日経平均株価はチャート上で2万6000円付近から2万6500円付近に空いたマドを埋めることができるかが、大きなポイントになりそうだ。22日、23日のFRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長の議会証言には注意したい。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中