2022年 8月 11日 (木)

中小・零細企業「夏のボーナス支給する」約4割 従業員に聞くと、最も多い支給額幅「10万円~30万円未満」&「150万円以上」も5%

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   今年夏のボーナス、大手企業は平均約93万円になることを2022年6月22日付会社ウォッチ「経団連企業『夏のボーナス平均93万円、昨年より14%増!』うらやましい?当然? 早くも冬のボーナス心配の声も」で報じたばかりだが、中小・零細企業ではどのくらい支給されるのだろうか。

   会計・給与計算・勤怠管理などバックオフィス系業務のクラウドサービス「フリーウェイジャパン」(東京都中央区)が6月13日、中小・零細企業を対象にした「2022年度夏のボーナス実態調査」発表した。

   それによると、支給されるのは約4割の企業で、支給額のボリュームゾーンは「10万円~30万円未満」だ。それでもコロナ禍の昨年よりグンとアップしているという。

  • ボーナスはいくらになるのかな(写真はイメージ)
    ボーナスはいくらになるのかな(写真はイメージ)
  • ボーナスはいくらになるのかな(写真はイメージ)

「ボーナス制度がない」会社26%

   フリーウェイジャパンの調査は、中小・零細企業の従業員279人と、経営者(代表取締役)114人からそれぞれ別々に回答を得ている。

   まず、経営者114人に「夏のボーナス支給予定の有無」を聞くと、「支給予定あり・支給済み」が43.0%となり、同社が昨年行った同じ調査より24.5%ポイントも上昇した。一方で、「支給予定なし」は29.8%と、昨年調査よりも23.3%ポイント減少した。また、そもそも「ボーナス制度がない」というところが26.3%あった=図表1参照

(図表1)夏のボーナスの支給予定は?(フリーウェイジャパンの作成)
(図表1)夏のボーナスの支給予定は?(フリーウェイジャパンの作成)

   昨年よりボーナスを支給する企業が増えたのは、コロナが落ち着いたため、業績がよくなったからだろうか。そこで、「昨年度下期と今年度上期の業績の変化」を聞くと、「変化なし」が35.1%で最も多かった。

   しかし、「昨年度下期から今年度上期を通して業績が上がった」(21.9%)と「昨年度下期では業績が下がったが、今年度上期は上がった」(10.5%)が合わせて3割以上おり、業績向上を実感している経営者もある程度いることがわかった。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中