2022年 10月 2日 (日)

中国EV大手BYD、日本に本格上陸へ...バスに続き、乗用車3タイプ投入 ライバルは「日産リーフ」、価格で対抗か?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   中国の電気自動車(EV)メーカーBYDが日本の乗用車市場に進出することになった。

   2023年1月にミドルサイズのSUV「ATTO3(アットスリー)」、23年中頃にコンパクトカー「DOLPHIN(ドルフィン)」、同年下半期に高級セダン「SEAL(シール)」を発売する。

   いずれもBYDが本国で開発・生産する最新モデルだ。中国の自動車メーカーが日本で乗用車を本格的に発売するのは、ガソリンエンジン車、EVを問わず初めてとなる。

  • 中国のEVメーカーBYD、日本の乗用車市場に進出(BYDジャパンのウェブサイトから)
    中国のEVメーカーBYD、日本の乗用車市場に進出(BYDジャパンのウェブサイトから)
  • 中国のEVメーカーBYD、日本の乗用車市場に進出(BYDジャパンのウェブサイトから)

BYDジャパン社長「EVをいつ買うかだ」

   BYDの日本法人「ビーワイディージャパン(BYDジャパン)」の劉学亮社長は2022年7月21日の記者会見で、「これからの時代はEVを買うか、買わないかではない。EVをいつ買うかだ。私たちはEVが身近な選択肢となる社会を実現していく」と述べた。

   日本市場に投入する3モデルは、スペック的には日米欧のEVに劣らぬ性能を有している。日本のユーザーが中国製EVに抱きがちな「近距離移動用の廉価版」ではない。

   アットスリーのリチウムイオン電池の容量は58.56KWhで、満充電で走る航続距離(WLTCモード)は485キロ。同様にドルフィンは44.9kWhで386キロと、58.56KWhで471キロの2仕様がある。

   シールは後輪駆動と4輪駆動モデルがあり、いずれも82.56kWhで555キロ(シールのみ欧州のWLTPモード)と発表されている。スタイリングも日米欧のEVと比べ、大きな違和感はない。

   日本での発売価格はいまのところ未定だが、BYDジャパンはアットスリーについて「11月には価格を公表したい。お客様から見て、手の届く価格帯、バリューフォーマネーのあるものにしたい」という。

   アットスリーの中国での価格はどうか――。中国では補助金なしで約15万~17万元(約305万~345万円)で販売している。

   日本でアットスリーと電池容量や航続距離が近いのは、日産「リーフe+」の60kWh、450キロ(WLTCモード)で、メーカー希望小売価格は422万円台から。電池容量40kWh、322キロ(同)のリーフは370万円台からある。

   アットスリーの価格がライバルのリーフe+を下回るのはほぼ確実で、400万円を切るかどうか注目される。BYDが強気の戦略をとるなら、軽EVを除き国内最廉価のリーフ(370万円)に迫る可能性もある。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中