2023年 12月 2日 (土)

「日本のiPhone販売価格、世界最安!」調査で判明...円安だけではない! アップル戦略のウラに日本人の「iPhone愛」あり!?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   米アップルが9月に発売した最新型のスマートフォン「iPhone14」の販売価格は、日本が世界37の国・地域のなかで最も安いことがわかった。

   ICT市場調査コンサルティングのMM総研(東京都港区)が2022年10月5日に発表した調査「日本のiPhone販売価格は世界37の国・地域の中で最安」で明らかになったものだ。

   急速な円安が背景にあるが、アップルが日本での高いシェアと人気を維持するため、戦略的に価格を設定した可能性もありそうだ。

  • 日本人はiPhoneがお好き?(写真はイメージ)
    日本人はiPhoneがお好き?(写真はイメージ)
  • 日本人はiPhoneがお好き?(写真はイメージ)

「iPhone14」シリーズの日本販売価格、一番高いトルコの半分

   MM総研の調査では、2022年9月16日に世界で発売開始となったiPhone14シリーズを中心に、各国のアップルオンラインストアの価格を比較分析した。

   その結果、2022年9月時点でのiPhone14シリーズの日本販売価格は、iPhone14(11万9800円)、iPhone14Plus(14万9800円)、iPhone14Pro(19万4800円)、iPhone14ProMax(23万9800円)で、4モデルすべてが37の国・地域の中で最安となった=図表1参照

kaisha_20221012185031.png
(図表1)世界のiPhone14シリーズの販売価格(MM総研の調べ)

   iPhone14に限ると、2番目に安いのは中国(12万2429円)、3番目香港(12万5436円)、4番目台湾(12万6818円)となり、最も高いトルコ(23万8454円)は日本の約2倍となっている。

   また、2022年6月時点でのiPhone13の価格も日本が最安となった=図表2参照。直後の7月にアップルによる価格改定によって、日本での販売価格が2割ほど高くなった。

kaisha_20221012185053.png
(図表2)世界のiPhone13の販売価格(MM総研の調べ)

   なお、37の国・地域の中で価格改定があったのは、日本を含め、トルコとオーストラリアの計3カ国だけで、トルコも日本同様に約2割の大幅な値上げとなった。米国における価格改定がなかったことから、為替変動に基づく価格調整が行われたものと推察できる。

   その後、9月にiPhone14シリーズの発売で、型落ちモデルとなったiPhone13は世界各国で値下げが行われた。日本は10万7800円(7月価格より1万円の値下げ)となり、7月の価格改定で4番目の安さとなったが、再び最安となった=再び図表2参照

   ほかに、iPhoneSE3も7月の価格改定で日本は3番目に安い価格となっていたが、9月には6万2800円で再び最安となった=図表3参照。2番目は米国(6万6725円)、3番目は香港(6万7255円)の順。日本以外の平均は8万397円で日本よりも約1万7600円も高く、最も高いトルコ(13万762円)は日本の約2.1倍となっている。

kaisha_20221012185115.png
(図表3)世界のiPhoneSE3の販売価格(MM総研の調べ)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中