2024年 4月 18日 (木)

一攫千金「バレンタインジャンボ」、どう狙う!? シンクタンク研究員が当せん確率をマジメに研究、その結論は?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   夢の億万長者を目指して、一攫千金を狙う「宝くじ」――。

   2023年2月1日から発売が始まった「バレンタインジャンボ」の当せん確率を、マジメに研究したニッセイ基礎研究所の主席研究員、篠原拓也さんのレポートが気になる。

   「1等前後賞合わせて3億円」を狙うバレンタインジャンボを買うか。それとも、「1等前後賞合わせて3000万円」だが、2等以下の当せんへの期待が高まるバレンタインジャンボミニを買うか。

   どちらを、どのように買えば当たるのか──。さあ、どうする!?

  • 宝くじの「買い方」とは?(写真はイメージ)
    宝くじの「買い方」とは?(写真はイメージ)
  • 宝くじの「買い方」とは?(写真はイメージ)

ここに注目!「宝くじを売る側にも狙いがある」

「今年の吉兆の方角は南南東だ」
「バラで買うより、連番で買ったほうが当たりやすい」
「東京・銀座のあの店で買うと当たる!」
「縁起のいい一粒万倍日の、あした買いに行くわ」

   ......。当せん確率をアップしようと、宝くじをあれこれ研究しながら購入する人は少なくない。

   ニッセイ基礎研究所の篠原拓也さんは、ご自身でも宝くじを購入するファンの一人。J-CAST会社ウォッチの取材に、

「年末ジャンボ宝くじは毎年買っていますよ。昨年末も買いました。7等が当たっただけでしたが......。なかなか(研究の)成果は表れませんね」

と、苦笑いする。とはいえ、

「宝くじを売る側にも狙いはあるものです。それを汲み取って買うことで当たる確率を上げることはできるかもしれないですね」

と話す。

   駅前などの利便性のよい場所にある宝くじ売り場やインターネットで手軽に買える「ロト」や「ナンバーズ」など、宝くじにもいろいろあるが、年5回の「ジャンボ宝くじ」は1等の当せん金が大きく、しかも全国どこの売り場でも購入できるため、人気が高い。その第1弾が2月の「バレンタインジャンボ」だ。

   篠原さんによると、じつは今回のバレンタインジャンボは、「当せん金や当せん確率などが昨年のものと同じ内容となっている」という。研究では、その内容を確認しながら、今回はどう狙ったらよいかを考えた。

   バレンタインジャンボには、年末ジャンボ宝くじと同様「ジャンボ」と「ジャンボミニ」の2つがある。「1等前後賞合わせて3億円」のうたい文句で販売されるのが、バレンタインジャンボ。バレンタインジャンボミニの当せん金の最高額は1等前後賞合わせて3000万円だから、「ミニ」でも当たれば、高額当せん者(1000万円以上)の仲間入りとなる。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中