2024年 5月 27日 (月)

「年収が夫の2倍に...彼のプライド傷つけそう」成果報酬でバリバリ稼ぐ女性の投稿が炎上気味、「隠すべきか」「伝えるべきか」で賛否...専門家に聞いた(2)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
「年収が夫の2倍になりそう。夫のプライドを傷つけずにすむ方法ってある?」

   そんな悩みを訴える女性の投稿が炎上気味だ。女性は成果主義の企業で働く専門職。夫は年功序列型企業で働くサラリーマン。年収の差がどんどん開く一方だという。

   「男はプライドの生き物。金額を言ってはダメ」という意見と、「自分に誇りを持って堂々と言おう」という意見で賛否がわかれる。

   仕事ができる妻の前に「夫のプライドの壁」が立ちはだかり、問題をややこしくしている。専門家に聞いた。

  • 年収のことを夫に話すかどうかで悩みが…(写真はイメージ)
    年収のことを夫に話すかどうかで悩みが…(写真はイメージ)
  • 年収のことを夫に話すかどうかで悩みが…(写真はイメージ)

10年後も多い「夫がメインで働く」という考え方

   <「年収が夫の2倍に...彼のプライド傷つけそう」成果報酬でバリバリ稼ぐ女性の投稿が炎上気味、「隠すべきか」「伝えるべきか」で賛否...専門家に聞いた(1)>の続きです。

――「仕事で成果を認められたのに、その喜びを夫と分かち合えず、内心寂しい思いをされている」というご指摘、たしかにそのとおりですね。背景には、共働き夫婦の間で妻のほうが夫より年収が高くなった(それも2倍に!)という問題があります。
このような夫婦間の「逆収入格差」といったテーマの調査を、川上さんが研究顧問をされている、働く女性の本音を調べる「しゅふJOB総研」で行なったことがありますか。

川上敬太郎さん「仕事と家庭の両立を希望する主婦層に、『いまから10年後の未来を想像した時、夫婦のワークスタイルとして増えそうなのはどれだと思いますか』と質問したことがあります。

◇10年後の日本、仕事と家庭の両立を希望する主婦はどう見ているか?

その結果、最も多くの人が選択したのは『夫婦対等に共働き』で約6割でした。その一方で、『夫が中心になって働き、妻が補助的に働く』が約3割。『妻が中心となって働き、夫は補助的に働く』は約4%。『妻が働き、夫は専業主夫』に至ってはわずか約2%しかいませんでした。
いまは夫がメインで家計の担い手となっているご家庭が多いと思いますが、10年後の未来を想像した場合でも、妻のほうが家計の担い手としてメインになるケースは少ないようです」
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中