社員の平均給与は976万円?!...ウェブマーケティング支援のプレイド 低迷する株価の行方は? 気になる業績もチェック【よくわかる企業分析】

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   就職先や転職先、投資先を選ぶとき、会社の業績だけでなく従業員数や給与の増減も気になりませんか?

   上場企業の財務諸表から社員の給与情報などをさぐる「のぞき見! となりの会社」。今回取り上げるのは、ウェブやスマホアプリのCX(顧客体験)向上を支援するプラットフォーム「KARTE(カルテ)」を運営するプレイドです。

   プレイドは2011年10月に設立。2015年に「KARTE(カルテ)」の提供を開始しました。2019年11月にはGoogleからの資金提供で大きな話題に。2020年12月には東証マザーズ(現グロース)に株式上場を果たしています。

売上高は伸びているが「先行投資」で赤字続き

   それではまず、プレイドの近年の業績の推移を見てみましょう(2020年9月期以前は単体決算)。

   プレイドの売上高は右肩上がりに伸びています。上場前の2018年9月期と比べると、2022年9月期は4.5倍を超えており、急速な成長といえるでしょう。

   一方、利益はほとんど生み出せておらず、2021年9月期に1.7億円の営業利益(営業利益率3.1%)をあげたほかは、営業赤字が続いています。

   2020年9月期は営業利益率マイナス26.9%、10.7億円もの営業赤字でしたが、これは上場直前に「KARTE」の事業拡大に向けた先行投資を行ったため、ということです。

   唯一営業黒字となった2021年9月期も、最終損益は1億円の赤字に。これは主に上場関連費用2億円のほか、投資有価証券評価損7000万円、未払金の増加額1.4億円などによるものです。

   2022年9月期は、営業損益が8.8億円の赤字に。売上総利益率(粗利率)は26.4%と前期並みでしたが、販売費および一般管理費が62.5億円と大きく嵩みました。

   有価証券報告書で販管費の内訳を見ると、給料及び手当が前期比52.5%増の27.3億円、広告宣伝費が同45.3%増の6.8億円とあり、これに加えて「のれん償却額」が1.6億円計上されています。

   2023年9月期の業績予想は、売上高が前期比16.8%増の85億2300万円、調整後営業損益(=営業損益+のれん償却額+株式報酬費用+その他一時費用)が9億7900万円の赤字となっています。

こたつ経営研究会
こたつ経営研究会
有価証券報告書や決算説明書などの公開情報を分析し、会社の内情に思いをめぐらすニューノーマルな引きこもり。昼間は在宅勤務のサラリーマンをしながらデイトレード、夜はネットゲームをしたりこたつ記事を書いたりしている。好きなピアニストはグレン・グールド。嫌いな言葉は「スクープは足で稼げ」。
姉妹サイト