2024年 5月 30日 (木)

身だしなみ、挨拶、電話応対など、対面接遇に不慣れなデジタルネイティブ新入社員...どう教える?【上司力を鍛えるケーススタディ CASE25(前編)】(前川孝雄)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「前川孝雄の『上司力(R)』トレーニング~ケーススタディで考える現場マネジメントのコツ」では、現場で起こるさまざまなケースを取り上げながら、「上司力を鍛える」テクニック、スキルについて解説していきます。

   今回の「CASE25」では、身だしなみ、挨拶、電話応対など、対面接遇に不慣れなデジタルネイティブ新入社員の教育に悩むケースを取り上げます。

「新人に基本マナーを教えるのは、人事の仕事じゃないのか!?」

【A課長】新年度の新入社員受け入れについての人事からの通知、ちょっとおかしくないか?
【C課長(同期の人事課長)】ああ...配属された部署で、社会人としての基本マナーをしっかり教えてほしいという依頼ですね。もちろん新入社員研修で基本は教えるものの、社会人としての身だしなみや挨拶や電話応対など、なかなか身に着かない新人もいるんですよ。
【A課長】ちゃんと3次面接までして採用したのだろうに、一体どういうことなんだ?
【C課長】まあ、みんな成績は優秀でも社会人としてのマナーは別なんです。デジタルネイティブだし、コロナ禍で学生時代に対人接触の機会も少なかったですしね。
【A課長】いや、それにしても、基本マナーくらいは研修でしっかり教えてから配属するのが人事の仕事じゃないのか? ただでさえ現場は人手不足で、生産性向上が求められているんだから。
【C課長】もちろん研修後も人事としてフォローはしますが、きちんと覚えるのはやっぱり現場での実地経験あってこそですし。最初からあまり求めすぎて離職されても困りますし、少し安全運転で行きたいんですよ。
【A課長】なんだ!それで現場任せにするのか? ただでさえ新人受け入れはたいへんなのに怪しからんな!!
【C課長】まあ、そんなに怒らないで。(こんな具合でこの人、新人にマナー教えられるかな...)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中