2024年 5月 25日 (土)

日本で働く外国人社員への調査 不満は「給与」「評価」「日本語への配慮」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本で働く外国人社員は、雇用の安定を評価する一方で、「給与水準」や「日本語への配慮」、「人事評価基準」には不満をもっていることがわかった。外国人留学生就職情報サイト「リュウカツ(R)」を運営するオリジネーター(東京都渋谷区)が、2023年3月24日に発表した。

   外国人社員の定着のカギは、企業の人事評価制度やキャリアパスの明示にあるとみている。

日本で働いて良かったこと、「雇用が安定している」

   調査によると、日本で働く外国人社員を対象に、「日本で働いて良かったこと」(複数回答)を聞くと、54.0%の人が「雇用が安定している」と答え、最多だった。次いで、「やりたい仕事ができて、やりがいを感じる」と答えた人は25.8%で、2倍以上の差がついた。

   世界的に先行き不透明な経済情勢が続くなか、日本企業に浸透している「長期雇用」は外国人社員にとって魅力となっているようで、前回調査の2021年からさらに傾向が強まっていることがわかった。 また、「日本語力にかかわらず、専門性があれば仕事を任せてくれる」も21.0%と、前年調査から4.7ポイント増え、2021年の7位からランクアップした。【図1参照】

図1 外国人社員に、日本の就労環境について聞くと...(オリジネーター調べ)
図1 外国人社員に、日本の就労環境について聞くと...(オリジネーター調べ)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中