2024年 6月 17日 (月)

なぜ遅刻してはいけないのか? 社会人に当たり前の基本ルールを新入社員にどう教える?【上司力を鍛えるケーススタディ CASE26(前編)】(前川孝雄)

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「前川孝雄の『上司力(R)』トレーニング~ケーススタディで考える現場マネジメントのコツ」では、現場で起こるさまざまなケースを取り上げながら、「上司力を鍛える」テクニック、スキルについて解説していきます。

   今回の「CASE26」では、時間厳守、体調管理、早退・欠勤対応など、社会人の基本ルールがなかなか身に着かない...そんな新入社員の教育に悩むケースを取り上げます。

「そんなルールも守れないなら、社会人失格だろ?!」

【A課長】新年度早々、浮かない顔して...何かあったのか?
【B課長(同期の同僚)】ああ、実は...今年のうちの新人に手を焼いてるんだ。
【A課長】そうなのか? 優秀そうに見えるけどね。
【B課長】それはそうなんだが、時間にルーズでね。朝の遅刻も度々だし、決まった会議時間には遅れるし。体調不良で休む際の連絡は遅いしで...。
【A課長】たしかに、それは困るな。ちゃんと話はしたのか?
【B課長】それがね、何度か続いた上に、本人が平然としているもんだから、さすがに我慢しかねて。つい「社会人にもなって、そんな基本的なことも守れないのか!」と叱ったら、落ち込んでさ。ちゃんとこっちの顔を見て話せない様子で...。まったく困ったもんだよ!
【A課長】しかし、いきなり叱ってもな...。なぜ時間厳守が大事なのか、もう少し丁寧に説明してあげないと。
【B課長】何!? こっちが問題だっていうのか! どれも最低限のルールだろ。説明も何もあったもんじゃない! いくら優秀でも、そんなルールも守れないなら社会人失格だろ?!
【A課長】まあ、まあ...。でも君が厳しくしすぎると、今どきの新人なんだから「もう辞めます...」となるかもしれないぞ。
【B課長】えっ!! おい...脅かすなよ。それはまずいよ~。ますます困ったな~!!
【A課長】まあ、落ち着けよ...(こりゃ前途多難だな)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中