2024年 4月 25日 (木)

話題の「チャットGPT」利用者に聞いた デジタル人材の働き方はAIに代替えされてしまうのか?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   チャットGPTなどのAI(人工知能)の登場で、デジタル人材の業務がチャットGPTに「代替される」と答えた人が半数を超える52.8%だったことが、わかった。

   「Offersデジタル人材総研」を運営するoverflow(東京都港区)が、ITエンジニアやデザイナーでチャットGPTを利用したことがある305人を対象に実施した「デジタル人材の意識調査レポート チャットGPTが与える業務への影響」と題した調査結果を、2023年4月17日に発表した。

   チャットGPTは、開発業務への影響も大きく、ソースコード(プログラムに「どんな動作をさせるか」という処理内容を書いたテキストファイルのこと)の出力や自身が書いたソースコードの添削、定型的な要件定義まで実現できるようになったため、「自身の仕事がAIに代替されるのではないか」と危惧する声が高まっている。

半数近くは、昨年11月の「テスト版」から利用している

図1 半数近くの人がチャットGPTの「テスト版」から利用している(Offersデジタル人材総研調べ)
図1 半数近くの人がチャットGPTの「テスト版」から利用している(Offersデジタル人材総研調べ)

   調査によると、米国企業のOpenAI社が開発したチャットGPTについて「いつから使っていますか?」の問いに、半数近い43.0%の人が、「2022年11月~23年1月(テスト版リリース、ユーザー100万人超)」のタイミングから利用を始めた」と答えた。

   「(チャットGPT Plusが日本で申込可能になった)2023年2月」から利用を始めた人が30.5%。「2023年3月(GPT‐4)」は23.6%と続いた。【図1参照】

図2 「業務上の調べ物」で利用した人は62.3%と最多(Offersデジタル人材総研調べ)
図2 「業務上の調べ物」で利用した人は62.3%と最多(Offersデジタル人材総研調べ)

   具体的に「チャットGPTを何に利用したか?」(複数回答可)との問いには、62.3%の人が「業務上の調べ物」と答え、最も多かった。次いで、「プライベートの調べ物」が55.1%。「試しに使ってみた」という人も39.3%いた。

   また、調べ物だけでなく、36.4%の人が「プライベートのプログラムの作成」と答えたほか、「業務上のメッセージ作成」(29.2%)や「業務上のプログラム作成(27.9%)、「業務上のドキュメント作成」(23.0%)と、業務での利用を模索している動きも確認された。【図2参照】

   「チャットGPTを使ってみて、他の人にオススメしたい使い方は何ですか?」(自由回答)と聞いたところ、調査での利用では、「エンジニア以外への技術解説」や「Google検索に先立って、先にチャットGPTに聞く」といった声や、ドキュメントの利用では「要約、翻訳(極めて精度が高いので)」や「文章の推敲」などの利用があったようだ。

   また、プログラミングやその補助の利用では、「サンプルコードの作成」や「SQLの作成」「コードレビュー」。さらに、「AIコーチング」や「アイデアブレスト」、「壁打ちブレストやUXの疑似インタビュー(下地)」などに利用した様子がうかがえる。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中